対象者別メニュー

文学部文化財学科

ホンモノに囲まれて触れて、学ぶ。文化財学のすべてがここにある

ホンモノに囲まれて触れて、学ぶ。文化財学のすべてがここにある

学科概要

ホンモノに触れて学び、まもり、生かし、後世に伝える

世界遺産や国宝の宝庫、奈良でこそ学べる文化財学。
文化財を通じて当時の人々の心を知り、英知を学んで未来を築く。文化財学科は文化財のスペシャリストを養成します。

学科のポイント

1

ホンモノを題材に学ぶ

詳細はこちら

2

実証主義で文化財を科学する

詳細はこちら

3

独自の領域で幅広く学ぶ

詳細はこちら

授業ピックアップ

考古学実習

考古学では、遺跡の発掘調査を行い、出土した遺物を整理することが基本です。文化財学科では、発掘に必要な基礎的な技術を身につけるだけでなく、実際に縄文の遺跡や古墳を発掘し、出土した土器や埴輪を自らの手で扱う実践的な実習を行っています。

美術史実習

ホンモノの美術品を見るために、奈良だけでなく、広く近畿全体の博物館や美術館、社寺などへ見学に行きます。より多くの作品に触れ、観る目を養うとともに、美に対する感性を磨きます。またホンモノの仏像や絵画、工芸品を用いて、取扱方法や調査方法を学びます。

保存科学実習

「保存科学実習」では、ホンモノの文化財を教材として、出土木製・金属製遺物の保存処理や分析装置等を使った調査の基礎を学ぶとともに、紙製文化財の修理・修復をおこなう伝統的技術である「装潢」についても、補修や裏打ちなどの基本的な工程を実際に学ぶことができます。

史料学概論

考古学、美術史、保存科学、史料学…、どれか1つではなく全部ひっくるめたのが「文化財学」。ということで、1年生が履修する史料学概論では、ピックアップした文字資料と各分野の研究成果との関係を講義しています。

文化財博物館学演習

多くの文化財は博物館や資料館で保管され、展示されることが一般的です。その他に博物館では収集や調査研究、教育活動も行い文化財の普及につとめています。博物館の役割や仕事をもっと知るために、博物館学研究の授業が準備されています。

保存科学概論

保存科学の歴史から、今現場でおこなわれている最先端の調査まで、保存科学のすべてを学びます。将来自分自身の研究で使うことになる奈良大学が保有する分析機器の説明や見学などもおこない、保存科学研究へのモチベーションをあげていただきます。

ページトップ