対象者別メニュー

Qualifications and
employment

資格・就職

キャリアサポート

キャリアサポートの3つのポイント

就職支援ガイダンス

希望進路実現のためのきめ細やかな継続的サポートを心がけています。

個別相談

保護者に信頼される、未就職者をださない体制づくりを行っています。

就職試験対策・講座

OBやOGによる体験報告会など、実践的な就職試験対策を行っています。

卒業生インタビュー

社会学部の先輩たちは奈良で学び、地元社会に貢献しています

奈良大学社会学部では、自分で考え行動し、自主性を高める学生参加型プロジェクトや、地域社会に密着した社会調査実習などを通して、幅広い社会学の専門性を身につけた多くの人材を育成。卒業生は、さまざまな分野で活躍しています。

奈良を舞台に当社は創業100年を超える地域密着企業としてお客様に支えられてきました。企業であるからには利益を追求するわけですが、当社は印刷産業を通して人間生活の向上、社会への貢献をめざして、社員がともに成功に向かって走り続けています。そんな当社には奈良大学を卒業した4人の現役社員がそれぞれの部署で活躍しています。共通するのは奈良が好きということ。だからこそ地域のお客様と強固な関係を築けるのです。

喜多くんは当社のメーンクライアントのひとつを直属の上司とともに担当しています。バランス感覚を持って、営業、提案、管理など幅広い業務にあたり、お客様から好かれています。当社にとって「必要と期待」の若手社員です。弊社で受け入れている奈良大学・社会学部の「社会体験実習」などで問題意識を持って課題に取り組む学生たちに接していると、実社会に通用する即戦力を感じます。当社も地元で学んだ学生に魅力的な企業であり続けられるよう努力していきたいと思います。(共同精版印刷株式会社 代表取締役社長 近東宏佳)

当社で活躍する奈良大学の
卒業生とともに

社会学部 現代社会学科
(2015年4月より総合社会学科に名称変更)
2011年3月卒業
共同精版印刷株式会社
大阪支社営業部 勤務
喜多 拡之 さん KITA Hiroyuki
(奈良県出身/奈良県立青翔高校卒業)

内定者インタビュー

田中 美沙さん

大学院でさらに学びを。子どもたちの支えになる先生に。

奈良教育大学教職大学院

社会調査に興味を持ち、奈良大学へ。フィールドワークでは、イベントのアンケート作りや調査結果の解析を経験し、これまでとは異なる視点から物事を考えられるようになりました。多感だった中学時代に担任の先生に支えてもらった経験から、将来は地元の奈良で中学教員になりたいと、1年生から教職課程を履修。教育実習でいっそう気持ちが高まったものの、採用試験は不合格に。がっかりしていた時、大学の先生から思いがけず大学院進学を勧められ、推薦をいただきました。あと2年専門の勉強を続け、子どもたちの支えになれる理想の教員をめざします。こんな幸運も先生との距離が近い奈良大学だからこそ。すばらしい選択肢を与えてくださった先生方に心から感謝しています。

社会学部/社会調査学科(2015年4月より総合社会学科に名称変更)卒業生
田中 美沙さん TANAKA Misa
大阪府・近畿大学附属高校出身

水谷 怜緒奈さん

キャリアセンターのサポートのおかげで地元の銀行に内定。

株式会社南都銀行

就職活動を視野に入れ、2年生でキャリアセンター主催のMOS試験対策講座Wordコース、3年生でExcelコースを受講。マンツーマンの講座でとても分かりやすかったおかげで、試験はどちらも一発合格でした。卒業後は人と触れあう仕事がしたくて、小売業や銀行を中心に就職活動を展開。地元の南都銀行にはもともと親しみを感じていましたが、キャリアセンターを介して、奈良大学卒業生の先輩行員さんから仕事のやりがいや職場の雰囲気を聞けたことが大きな決め手になりました。面接の練習では「ここを直した方がいい」と具体的に指摘していただいたり、自己PR文を丁寧に添削していただいたりと、キャリアセンターには本当にお世話になりました。

社会学部/心理学科 卒業生
水谷 怜緒奈さん MIZUTANI Reona
奈良県立西の京高校出身

インターンシップ

社会人としての心構えと意識を身に付ける

奈良大学では、3年生を対象に「インターンシップ実習」(全学自由科目)を開講しています。この授業は、単なる職業体験としてではなく、3年生になるまでに培った自身の能力やキャリア意識を試す場として、また卒業後に職業人として求められる高い意識の「気付き」を促すことを目的として開講しています。そのため、夏季の10日間の実習のみならず、実習前の前期講義では、それまでの学生生活の振り返りをしたり、企業の人事担当者から「企業が求める人材」についての講演を聞いたりしています。「インターンシップ実習」受講生は、進路決定がスムーズに行えるばかりではなく、残された学生生活の過ごし方が明確になるという効果も出ています。

働いて初めて知る感動がある!
氏家 さつきさん

文学部 / 史学科 4年生
氏家 さつきさん UJIIE Satsuki
北海道出身 札幌北陵高校卒業

私は、丸善株式会社にて五日間、主に営業同行を中心とした内容のインターンシップを行いました。 このインターンシップで私は、大きく二つの成果を得ることが出来ました。 一つ目の成果は、「職場で働いている人から様々な話を聞けた」ことです。 今働いている人に話を聞く機会は中々ないものなので、今回インターンシップで仕事のやりがいや仕事に対する考え方を聞くことが出来たのは、インターンシップに参加したからこその成果だったと思いました。 二つ目の成果は、「丸善株式会社さんはどのような業務を行っているのか、実際に体験しながら学ぶことが出来た」ことです。 自分の中で勝手に抱いていた仕事に対するイメージを払拭し、実際の業務を知ることが出来たのは、一つの大きな成果であったと思います。この成果は、今後の就職活動にも繋がる重要なものだと感じました。 今回のインターンシップは、自分が思っている以上に沢山の事を学ぶことが出来た、大変有意義なものとなりました。

ページトップ