対象者別メニュー

About Nara UNIVERSITY

学部・大学院

大学院

大学院

社会に貢献する専門家の育成

大学院の目的は、各専門分野において理論や技術の応用を研究し、それらを社会や文化に役立てる指導的な役割を担うエキスパートを育成することです。奈良大学大学院では、文学研究科と社会学研究科の2研究科を設置。文学研究科では国文学・文化財史料学・地理学の3専攻、社会学研究科では社会学専攻をそれぞれ設け、各専攻で高度な研究に力を注いでいます。

目的

研究のさらなるUPを

文学研究科と社会学研究科で構成されています。文学研究科には、国文学、文化財史料学(博士前期・博士後期課程)、地理学の3専攻、社会学研究科には社会学専攻を設置しており、自己の研究を一層高めたい学生たちが学んでいます。 国文学専攻では、日本の言葉をめぐる諸現象を、古典・近代文学・言語伝承を中心に研究を行います。文化財史料学専攻、博士課程(前期2年・後期3年)では、日本史学、世界史学(東洋・西洋)、美術工芸史学、考古学(日本・国際)、保存修復学の5分野の研究が可能です。また、地理学専攻では自然地理学、人文地理学、地誌学、GISの各分野の立場で科学的に研究がなされています。 社会学専攻には、社会学、文化人類学、社会心理学の理論と研究法、及び社会調査の専門的技法を中心に実証的研究を行う「社会文化研究コース」と、臨床心理学の理論と研究法、及び臨床実践の専門的技法を中心に実証的研究を行う「臨床心理学コース」が設けられています。

沿革

平成5(1993)年4月、文学研究科(国文学専攻・文化財史料学専攻)、社会学研究科(社会学専攻)の2研究科3専攻を、平成11(1999)年4月、文学研究科に地理学専攻が設置され、現在2研究科4専攻で組織されています。そのうち、文学研究科「文化財史料学専攻修士課程」を、平成7(1995)年4月、前期課程2年、後期課程3年の博士課程に拡充し、研究能力とその基礎となる豊な学識を養い、高度な専門性が求められる社会の多様な方面で活躍し得る専門職業人の育成を行ないます。

入学定員及び収容定員

研究科 専攻 コース 課程 入学定員 収容定員
文学 国文学 修士 5人 10人
文化財史料学 博士前期 10人 20人
文化財史料学 博士後期 2人 6人
地理学 修士 5人 10人
社会学 社会学 社会文化研究 修士 5人 10人
臨床心理学

ページトップ