対象者別メニュー

文学部地理学科

多彩で充実したフィールドワークを通して、地球の未来を考える

多彩で充実したフィールドワークを通して、地球の未来を考える

学科概要

自然現象や人間活動を総合的にとらえ、地域の問題を解決する

風景、風土、気候、歴史や文化、人々の暮らし、産業など、さまざまな現象や条件から人と自然の特性を探り出し、時空間の地域の姿を描いていきます。また自然災害への対応や、コンピュータを用いて地図情報と地域情報を統合的に扱う地理情報システム(GIS)など、高度情報化社会において注目される領域も地理学。未来を考えていく上で欠くことのできない研究分野です。

学科のポイント

1

文系・理系を横断的に学ぶ

詳細はこちら

2

地図の使い方からGISまで徹底的に学習

詳細はこちら

3

充実のフィールドワークで、学びを深める

詳細はこちら

授業ピックアップ

地理学演習(一)

前期に大巡検に向けて関連論文の文献紹介をおこなうと共に、地域調査の方法を学び、作成した資料集をもって後期に現地に入り、地域の問題・課題に関する見学や調査を実施する。後期後半は見学・調査結果のとりまとめと報告をおこなう。

地理学講読・調査法(三)

自分が興味関心をもつテーマに関する文献を読み、発表します。発表においては発表内容を整理した配布資料を作成します。発表後、みんなで質疑応答をします。これらによって、研究目的の立て方、調査の進め方や方法、調査内容のまとめかたなどについて学びます。

地域分析法

地域の統計データを加工して表、グラフ、地図を作成する方法をパソコンを通して学びます。引き算や割り算で変化や割合を求めることから始めて、統計ソフトによる応用分析まで指導するので、卒業後のビジネスで必要なパソコンスキルの基礎も身につきます。

交通地理学

夜行列車の削減はなぜ起きているのか?近年日本では多くの夜行列車の削減が進んでいるのか、を鉄道会社の分割あるいは民営化との関係や、それが日本海側の地域間のつながりの欠落にどのように結びついているのかの関係を考えます。

歴史地理学

本学が数多く所蔵する絵図などの古地図を使って、その扱い方や分析方法を専門的に学習します。絵図に描かれた過去の地域は、現代につながっているのです。過去と現在の地理的事象の連続性についてその原因を探っていくことは、地域の将来像を考えていく手助けとなるのです。

地理学実習

1年次必修の地理学実習では、3つのグループに分かれて、地理学を学ぶ上で基礎的な技術の習得を行います。具体的には、地形図の利用、自然地域のとらえ方、統計処理による地域分析、地図作製の基礎知識と実践、地域調査の方法の基礎について学びます。

人文地理学I・II

間口の広い学問である人文地理学について,初学者でもすんなり馴染めるように,テーマを厳選し分かりやすく解説しています。使用するテキストには,見やすい図表・地図を豊富に盛り込んであるので,視覚的にも人文地理学を理解することができます。

地理情報システムI・II

地理情報システム(GIS)は、地球上の様々な事象を位置情報と結びつけて管理し、分析し、表現するためのツールです。「地理情報システムI・II」の授業では、GISの仕組みや歴史、利活用の方法といった基礎的な内容について学びます。

ページトップ