展示紹介

開催中の展示

特別展示

富山市・長松山本法寺蔵 法華経曼荼羅図の世界 ―描かれたくらし―


企画展は終了いたしました
  富山市・長松山 本法寺(ちょうしょうざん ほんぽうじ)蔵「法華経曼荼羅図」(重要文化財)の高精細画像を原寸大複製と部分拡大図で展示します。原本は、鎌倉時代末期制作で、縦約190㎝、横約127㎝の大幅で、かつ22幅で一具という類例の無い作品です。『法華経』二十八品の内容が描かれていますが、お経の内容よりも、人々の営みに注目しました。お寺を建てるために材木を運び、板を削り、棟上げするところ、仏像や絵像を造るところ、舞楽を奉納するところ、田起し、田植え、稲刈り、牛馬の世話、井戸掘り、柴刈り、水くみ、狩猟、漁労、商い、薬を作るところ、そして、今の銭湯や温泉のように、湯船に浸かっているところ。
 今回の展示は、美術史の立場からばかりではなく、歴史学や民具研究、石造物研究など、さまざまな立場から関心を寄せていただければ幸いです。

doki.jpg
前のページへ戻る
奈良大学
〒631-8502 奈良市山陵町1500  TEL. 0742-44-1251 / FAX. 0742-41-0650
ページの先頭へ戻る