対象者別メニュー

文学部史学科

過去を知れば、現代と未来のあり方や生きる術が分かる

過去を知れば、現代と未来のあり方や生きる術が分かる

学科概要

歴史から学び、未来をつくる力を育む

先人たちがいかに考え、どのように暮らし、何を感じ、どう生きていたのか。
祖先たちが脈々と積み重ねてきた歴史のなかには、21世紀を賢明に生き抜くための多くの知恵が眠っています。古都・奈良という最高の学習環境の下、そんな歴史のなかにいきいきときらめく人々の営みに触れながら、未来を築くための知恵と力を身につけます。

学科のポイント

1

「暗記」から「考える歴史学」へ

詳細はこちら

2

徹底した個別指導のもと卒論を作成

詳細はこちら

3

“本物”に触れる環境で学ぶ

詳細はこちら

授業ピックアップ

史学演習(日本史)

「日本史で卒業論文を書きたい!」と考える学生たちが、時代ごとにゼミにわかれて、みんなでワイワイと議論しながら、それぞれの卒業論文の完成を目指します。教科書には描かれない、斬新な研究テーマを見つけて、友だちと教員、そして世間をあっと言わせよう!

史学演習(東洋史)

アジアの歴史に関する研究発表を通じて、最新の学術情報に接し、自分の考えを社会に発信するための知識と技術を身につけます。内容は、中国や朝鮮といった漢字文化圏のほか、中央・西アジアまで幅広くあつかいます。有志諸君、熱烈歓迎!

史学演習(西洋史)

地中海世界のギリシア・ローマの文化とキリスト教を受け入れたヨーロッパ世界を中心に、その淵源となるエジプトやメソポタミアの古代オリエント世界、近代にヨーロッパの植民地となった地域や、その影響を受けた地域などをあつかいます。幅広い時代と地域から、自由にテーマを選んで発表し、相互討論で内容を深めていきます。

史料講読(日本史)

歴史を再現するためには、昔の人が書き残した文字(これを史料といいます)を読み解くことが大切です。本にのっている史料だけではなく、くずし字の古文書や木簡(複製)などを読むこともあります。教員と学生がいっしょになって読みすすめながら、さまざまな問題を考えていきます。

史料講読(東洋史)

司馬遷の『史記』などの古典から、近代の外交史料まで、いろいろな史料を選んで読んでいます。生の史料が読めるようになることが目的ですが、実はそこに出てくる人物やエピソードから、当時の人びとの考え方や社会の特徴がわかるのです。それがとても重要で、何よりおもしろいので、話が脱線したまま授業が終わることもしばしばです。

史料講読(西洋史)

古代から現代まで受講生の関心にあわせながら、英語を中心に歴史の研究文献を丁寧に読み進めます。また、ジェイムズ・クック航海記の初版本(1777年)といった貴重書を所蔵する奈良大学の特色を活かし、実物史料の読解にもチャレンジします!

史料研究

江戸時代から近代にかけて書かれた本物の古文書を使った授業です。史料を取り扱ううえでの基本的な注意点や辞書の使い方を学び、くずし字で書かれた古文書の整理作業をします。最初は読めなかったくずし字も、決まり文句やよく使う文字が頭に入ってくると、次第に読めるようになってきます。

史学研究法、基礎演習Ⅱ

ともに、歴史学の基礎を学ぶ科目です。日本史と世界史のさまざまな時代、分野を専門とする教員から、歴史研究の基本的な方法や視点を幅広く学びます。また学外から、研究の最先端で活躍する研究者を招き、歴史学の醍醐味を語っていただく講演会もおこないます。

ページトップ