対象者別メニュー

Research

研究・地域連携

公的研究費

奈良大学における公的研究費等の運営・管理について

奈良大学では、文部科学省「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成26年2月18日改正)及び「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン(平成26年8月26日決定)」に基づき、公的研究費の使用および管理を適正に行うことを目的に下記の規則を定めています。この規則に基づき、公的研究費の不正使用等を防止し、適正な運営・管理を行うよう努めてまいります。

奈良大学長

機関内の責任体制

最高管理責任者:学長

公的研究費の運営・管理について研究機関全体を統括し、最終責任を負います。

統括管理責任者:大学事務局長

最高管理責任者を補佐し、公的研究費の管理・運営について、研究機関全体を統括する実質的責任と権限を持ちます。

研究倫理教育責任者:文学部長、社会学部長及び教養部長

本学に研究倫理に関する知識を定着・更新させるための実質的な責任と権限を持ちます。

コンプライアンス推進責任者:文学部長、社会学部長及び教養部長

統括管理責任者の指示の下、公的研究費の運営及び管理について実質的な責任と権限を持ちます。

適正な運営と管理

事務処理相談窓口の設置

公的研究費の事務処理に関する相談窓口を、総合研究所事務室に置きます。

不正防止推進窓口の設置

公的研究費の運営および管理ならびに研究活動上の不正防止に関する推進窓口を、事務局総務課に置きます。

通報窓口の設置

公的研究費の使用、管理等に係る不正に関する通報窓口を、事務局総務課に置きます。

通報窓口

奈良大学 総務課
〒631-8502 奈良市山陵町1500
直通電話:0742-41-9501、FAX:0742-41-0650
電子メール:somu@aogaki.nara-u.ac.jp

  • ※電話による受付時間は平日8時30分~16時50分です。

通報者の保護等

通報者が、通報を理由に不利益な取扱を受けることはありません。ただし、調査の結果、悪意に基づく虚偽の通報であると判明した場合、氏名の公表、懲戒処分、刑事告発等、必要な措置を行うことがあります。

検収窓口の設置

公的研究費での物品の発注および納入の適正確保のための検収窓口を、総合研究所事務室に置きます。

モニタリングの体制

大学全体の視点からモニタリングを行い、公的研究費の実態把握に努め、必要に応じてルールの見直しや説明会等を定期的に実施し、不正防止の徹底に努めます。

取引先業者の皆様へ

通報等による調査の結果、不正な取引に関与したことが判明した場合、一定期間の取引停止処分とすることがあります。

ページトップ