奈良大学創立50周年記念 第13回 全国高校生歴史フォーラム奈良大学創立50周年記念 第13回 全国高校生歴史フォーラム

MENU

主催 : 奈良大学・奈良県

奈良大学なら記紀・万葉

研究発表・最終結果・現地見学

 11月23日(土)に優秀賞受賞者を奈良大学に招待し、研究発表・表彰式・懇親会を開催しました。終了後、奈良町で宿泊いただき、翌24日(日)には見学会を行いました。

研究発表

発表1

神奈川県・関東学院高等学校
キリシタン信仰と地域コミュニティー~長崎県外海・平戸地区を中心に~
講評  ミッションスクールでのキリスト教への日常的関心から、潜伏キリシタンの人々を「生活」の観点から捉えなおすという問題意識を得、豊富な文献サーベイや、聞き取りを中心とした長崎での実地調査により、オリジナルな考察を行っている。特に、信仰組織と地域社会の関係の強さや、キリスト教の祖先崇拝的な性格などの指摘は興味深い。問題の設定力、論の展開などには、研究能力の高さがうかがわれる。

発表2(ビデオ発表)

静岡県立三島北高等学校
郷土研究部 萩本大翔さん
三島停車場誕生までの歴史~鉄道誘致運動の全貌を探る~
講評  静岡県の三島駅に着目し、東海道線開通当初の停車場が設置されていなかった時代からその後の同線、箱根鉄道駿豆線、新幹線の駅が設置されていった劇的な変化を三島の躍進と位置づけることにより、研究がはじまっている。その躍進の原点を、明治20年代の鉄道誘致運動から明治31年の三島停車誕生までと捉えて、当時の資料を読み解いている。研究過程のなかで地元の不屈の努力を描き、結果として豆相鉄道の存在が三島の躍進であると結果を導き出している。高校生らしい研究の着想と論理構成は説得力がある。地方鉄道の敷設・駅の設置と幹線鉄道の駅の設置の関係は、鉄道の発達段階を考えていく上で重要な点であり、他地域との比較するうえでも一石を投じた研究である。

発表3

福岡県立修猷館高等学校
谷口生貴斗さん
小地名「ホノケ」の研究~福岡県糸島市王丸集落~
講評  小字名よりも狭域を示す地名「ホノケ」に注目し、古文書調査や聞き取り調査によって地図上に復原していく意欲的な研究成果である。地図上に地名の位置を復原するだけにとどまらず、聞き取り調査によって「ホノケ」の意味を探っていく手法は、オーソドックスな研究の進め方であるが、貴重な記録といえる。考察は土地の状態(たとえば地形など)と地名(音)を照合しつつその歴史的な由来にまでおよんでおり、場所によっては史料的な裏付けを提示している。この調査成果は地元にとっても貴重な記録となるであろう。地名の消失、新たな地名の誕生などを考えながら時間軸のなかで整理していくと、人と地域の生活がさらに浮き彫りにできるであろう。次の研究段階へ進まれることを望みたい。

発表4

長崎県立壱岐高等学校
東アジア歴史・中国語コース歴史学専攻2年生
未解明の古墳時代の集落に迫る
~壱岐・車出遺跡とその遺物から見た巨石古墳との関係~
講評  考古学的な調査方法によって、遺跡での表採調査を行い、遺物の実測を行って分類・分析するなど、的確な考古学的調査方法を実践してレポートをまとめた点は特筆される。土器の実測図などは、大学生が考古学実習で作成するものと同等のレベルで、高校生の水準をはるかに超えている。 考察では、自ら調べた考古学的なデータに加え、長崎県埋蔵文化財センターや壱岐市教育委員会が行った発掘調査の成果を踏まえ、遺跡の共通点や差異を明らかにして、集落と古墳の関係性を視点に堅実な評価を導き出した。考察内容は十分納得できるもので、説得力がある。今後、結論として述べた「島外からの影響」による巨大古墳造営の画期をどのように証明していくか、継続的な研究活動が期待される。

発表5

鹿児島県立種子島中央高等学校
鎌田廉正さん
明治期の種子島における異文化交流―ドラメルタン号漂着事件を中心に―
講評  本レポートは、明治中期にイギリスの貿易帆船ドラメルタン号が種子島に漂着した際の、地元の人々とイギリスの乗組員たちとの交流についての調査である。再発見された当時の日記や聞き書き資料を丹念に読み込み、また地元の学芸員や教員に協力してもらいながらフィールドワークをおこなっていることが高く評価された点である。さらにそれだけにとどまらず、自分自身の異文化体験を研究の出発点とし、異文化コミュニケーションとは何か、それはどのように生じるのか、といった自分なりの理論化を試みている点も評価したい。もちろん学術的にはまだ素朴な点もあり、たとえば「文化的混淆性」などのポストコロニアル理論などを参照すれば、本質主義に還元することのない文化理解の視点を得られるのではない。

最終結果

受賞おめでとうございます
学長賞
福岡県立修猷館高等学校
谷口生貴斗さん
小地名「ホノケ」の研究
~福岡県糸島市王丸集落~
学長賞photo
知事賞
鹿児島県立種子島中央高等学校
鎌田廉正さん
明治期の種子島における異文化交流
―ドラメルタン号漂着事件を中心に―
知事賞photo
奈良大学創立50周年記念特別賞
長崎県立壱岐高等学校
東アジア歴史・中国語コース歴史学専攻2年生
未解明の古墳時代の集落に迫る
~壱岐・車出遺跡とその遺物から見た
 巨石古墳との関係~
大多和泰熙さん・亀井琢磨さん・清川智希さん
筑後裕哉さん・平田太輝さん・松尾泰地さん
村上直哉さん・本田あかりさん
特別賞photo

見学会

 東大寺での特別登壇や南都のまち歩きなどを体験いただきました。

TOP