ここからメインコンテンツです。

学部・大学院

社会学部/心理学科

社会学部 / 心理学科
より広く、より深く…そしてより面白く、
人と社会の“こころ”を探究する。
社会学部サイトへ

現代社会のさまざまな場面でメンタルヘルスへの関心が高まっています。教育現場における不登校を始め、いじめや自殺。職場のストレスによるうつ病の増加。そしてDVや離婚。あるいは動機の見えない犯罪など、さまざまな問題を検証しそれに対応することも求められています。
心理学科では、人間関係や家族関係を考えながら、人の発達・成長や自分への理解を深めます。
そして、新しい社会を柔軟に生き抜くこころを探り、どうすれば一人ひとりが生き生きと生活していけるかを探究。常に実践的でかつ広い視野に立って“こころ”の問題へアプローチしていきます。

学びのポイント

ページトップへ

個を通し社会を知り生きる指針を得る

こころを探ると同時に、社会が個に及ぼす影響を考え、
21世紀における新たな幸せな生き方を見いだします。

心理学を極める

一口に心理学といっても中身はさまざまです。臨床心理学や社会心理学を中心に、発達心理学、教育心理学、性格心理学、犯罪心理学など、心理学の隅から隅まで詳しく学びます。

こころを幅広く学ぶ

心理学科には臨床心理学の専門家だけではなく、社会心理学やジェンダー論、集団力学、さらには社会病理学の専門家がいます。社会のこころと人のこころ・・・・・こころを幅広く学びます。

より面白く学ぶ

人のこころや感覚を理解するためには科学的なアプローチも必要です。鏡映描写、錯覚実験、記憶実験、あるいは問題解決実習などの体験学習を通してワイワイガヤガヤ学ぶこともあります。

資格と就職につながる学び

心理学を幅広く学んだことを照明する「認定心理士」や、「産業カウンセラー」の基礎資格が取得できるなど、資格サポート体制も充実しています。さらに本学大学院の臨床心理学コースに進むことで、より深く臨床心理の知識と技術を身に付けることができます。

実践に向けて

パソコンは現代人の必須アイテム。心理学科では実験研究の準備から結果の報告までフルに活用します。また、カウンセリング実習など、将来専門職に就いても一般企業に就職しても、ここで学んだことはきっと役に立つはずです。

社会学部/心理学科カリキュラム

ページトップへ

取得できる資格

ページトップへ

司書

公共図書館や大学図書館などで、専門的職務に従事します。主な職務は図書・資料の収集、整理、保管、貸し出しなどです。

認定心理士

人間の“心”を理解する心理学の基礎知識と技能を修得した人に対して、日本心理学会が認定する資格。心理学に関する実習・演習などの専門科目を履修すれば、資格取得が可能です。

産業カウンセラー

企業などで働く人が仕事上での人間関係やストレスに悩んだとき、心のケアを行う専門家。心理学的手法を用いて、心の問題を本人の力で解決出来るように導いていきます。日本産業カウンセラー協会認定資格で、心理学科で心理学を専攻すれば、この試験の受験資格が与えられます。

販売士1・2・3級

販売士は、小売業・サービス業などに携わる人の資質やサービスの向上を目的につくられた資格です。学生の販売士試験合格のために専門科目や特別集中セミナーを設け、サポートを行っています。

知的財産管理技能検定3級

企業、団体(学校・官公庁など)においてブランド保護、技術保護、コンテンツ保護、デザイン保護、契約、エンフォースメント(権利行使)など、知的財産分野の初歩的知識を持ち、それらに関する課題発見から解決までを手がけられる能力があると認められます。

ファイナンシャルプランニング技能検定3級

広くて深い金融知識を用いて、顧客の資産運用や生活設計についてアドバイスする資格です。3級を取得すると、個人の資産運用や保険資産についての相談業務を行うことができます。

詳細情報

ページトップへ

社会学部 / 心理学科の詳しい情報は、社会学部のサイトでご案内しています。

社会学部サイトへ

コンテンツ内容
心理学科について
カリキュラム
授業紹介
教員紹介
...etc
  • ホーム
  • 交通アクセス
  • サイトマップ
  • このサイトについて
  • 個人情報保護方針
  • 資料請求
  • お問い合わせ

ページの先頭へ戻る