対象者別メニュー

ACADEMIC

学部・大学院

文学部 史学科卒論一覧

卒業論文テーマ

2021年度

  • 修験道本山派の成立と展開
  • ローマ帝国の奴隷と解放奴隷
  • 近世遠州の大念仏
  • 欧州サッカービジネスの巨大化の経緯とJリーグの発展性について
  • 漢代における政治勢力としての宦官の誕生
  • 近世工御門家の陰陽道支配
  • 明初における対外方針と中琉関係について
  • 鳥取県における梨の発展-二十世紀梨を手がかりに-
  • 日本の防空体制とアメリカの空襲
  • 近代の枚方地域の変貌について
  • 近世会津郷学校継声館における師範と門人
  • 日本による朝鮮統治と在日朝鮮人
  • 「核の冬」を改めて考える
  • エンタツ・アチャコによる漫才の革新
  • 田沼意次の同時代的評価
  • シャイフ・サイードの反乱とクルド・ナショナリズム
  • ナチス・ドイツと警察
  • 17世紀イギリス東インド会社とオランダ東インド会社
  • 十八世紀における大坂町奉行所与力の職務
  • 藤原道長と『御堂関白記』をめぐる考察
  • 近世土佐藩における武術流派の変遷と広まりについて
  • 十五年戦争期における学校教育と宣伝
  • ハプスブルク帝国の民族問題
  • 石山合戦と信長
  • 近代日本の女性労働
  • 17世紀のオランダと日本
  • 中国伝統服
  • テスモフォリア祭と女性
  • 独ソ戦
  • 日英同盟締結後の日英関係
  • 大災害後の復興支援
  • エピクロス的原子論の変遷~その消失と再登場についての考察
  • 備中成羽藩における神楽と地域社会
  • 化粧品広告から見る女性像の変化と美意識
  • 蘇我氏滅亡の真相について
  • 中国お茶の歴史
  • 壺銭を通してみる菩提山と大乗院
  • 中華の日本伝来
  • パクス・ブリタニカ時代におけるイギリス海軍のアジア支配
  • レコンキスタの変容
  • バブル崩壊後の日本経済史
  • 西ローマ帝国とゲルマン人権力者から見る西ローマ帝国内でのゲルマン人への見方の変化
  • アメリカと銃社会
  • 日米開戦の原因
  • 古事記に描かれる戦いの忠実性について
  • 応天門の変と藤原氏の他氏排斥政策
  • 旧産婆の存続要因
  • 石上氏についての考察
  • 観応の擾乱
  • インターネットが生まれたわけ
  • 古代ギリシアの動物儀礼について
  • 多摩地域における自由民権運動の展開について
  • 宿場町における飯盛女の実態
  • 全国廃娼同盟会の結成とその意義
  • 広東貿易体制とアヘン
  • 神異記から見た近世における伊勢信仰
  • 近世における牛肉観
  • 戦国期武家女性の死生観に関する一考察
  • カルタゴと古代地中海世界
  • BCOFの日本占領から考察する第二次世界大戦後の国際関係
  • 近代奈良県における伝統工芸品産業の発達について
  • 近代備後における産業の発展と地域社会
  • 江戸時代における正当防衛
  • ソ連が二番目の核保有国となった理由について
  • 慶長伏見地震による被害状況と人々の対応
  • 東大阪の古代
  • 京都書林仲間における重板・類板の処分
  • 『グリム童話集』の表現の変化
  • 日本に伝来したキリスト教
  • 大航海時代における貿易の攻防
  • 神仏習合以降における杵築大社と鰐淵寺の相互関係
  • 松永久秀と大和
  • 史料から見た豊臣期大坂城築城
  • 兵庫県の公営ギャンブルの現代史
  • 古代日本の皇女と婚姻について
  • セルジューク朝の軍事奴隷
  • 小早川隆景と羽柴秀吉
  • アメリカ南北戦争時代の黒人
  • キューバ危機に対するアメリカ政権の対応
  • フランス第三共和制期における児童保護政策
  • 飯盛山城と三好長慶
  • 織豊期における合戦場の地形と戦略について
  • 中世ヨーロッパと黒死病
  • 橘嘉智子の立后問題と摂関政治の関わり
  • ヒッタイト王妃プドゥヘパ
  • 死者との向き合い方と葬儀から見る平成史
  • 近現代伏見における酒造業の発展と継続要因
  • 3.1独立運動期における日本の朝鮮統治政策
  • 明治維新以降の姫路城
  • 山背大兄王と中大兄皇子の政治思想
  • 『海の民』
  • 三十年戦争期のランツクネヒト
  • 老人ホームの現代史
  • 関白近衛基熈の朝廷統制機構再建
  • 隼人と古代の八幡神
  • バロック建築について
  • 三国時代の「名士」小考
  • 古代の女官
  • 16世紀アンデス社会とカトリック布教
  • 盛世才のカシュガルにおける民族政策
  • 戦間期の地方新聞と観光産業
  • アイヌの宗教儀礼における女性の関与
  • 近世紀州における識字率と庶民教育
  • 近代の大阪府東部地域における産業の発展と地域社会
  • 羽衣石南条家と秀吉
  • 廃仏毀釈と宗教観の変容
  • 日本古代囲碁史伝来と普及
  • コンスタンティノープルの形成と周辺建築から見る初期ビザンツ
  • 滋賀秀三説の「中国家族法の原理」に対する再検討
  • 近代の北摂地域における社会変容
  • 明治期の町村合併における地域的特性
  • 平成期における女性の化粧に対する価値観とその変容
  • 国防軍とナチス
  • 戦国大名と国衆
  • 第二次世界大戦下のスイスの防衛戦略
  • 近世の都市社会と猫
  • 永禄二年室町幕府復興後の三好氏の影響力について
  • 文久二年江戸における麻疹の流行について
  • 織田信長と足利義昭の関係性について
  • 妖怪の学術概念
  • 近世中期会津藩における犬殺・犬喰・犬煩
  • メディナのユダヤ教徒の実態とムハンマド
  • 西洋中世の都市と森林
  • 初期室町幕府における足利直義の政治
  • 崇徳院怨霊の鎮魂について
  • 村掟の制定
  • 楚漢抗争期における項氏一族の歴史的意味
  • 第一次世界大戦・シベリア出兵における日本の参戦経緯
  • 宇喜多秀家について
  • 近世後期における伊勢参宮ルートの変容
  • 飢饉下における村の制裁
  • 景勝期の越後時代の上杉家における「執政」についての考察
  • 欧州通貨制度
  • 伊達政宗と食について
  • アンリ四世のヨーロッパ構想
  • 奈良県下の道路整備の歴史的展開
  • 戦国大名の領国経営について
  • 女性教育の歴史と女性の経済参画への関連性
  • 武田家滅亡論
  • 小早川隆景
  • 近世における武士の理想像
  • 瀬戸内海の海賊について
  • 古代ギリシャにおける数学史
  • 江戸時代の大坂での打ちこわし
  • 平成期における道後温泉観光施策の変遷
  • 虚像と実像の吉田初三郎
  • 魯迅と新興版画運動の行方
  • イギリスと戦間期ヨーロッパ安全保障
  • 魔女と聖母マリアから見るジェンダー
  • 人類と馬の関係史

2020年度

  • 古代日本における皇位継承の条件
  • 中国と比較した日本の古代服飾
  • イギリス医療保障制度改革
  • 木曾義仲について
  • 古代ギリシアの詩人と社会
  • タルソスのデオドロス
  • 応天門の変についての考察
  • ワイン統制の歴史
  • 中世における色の象徴
  • 近世奈良町の人口変動
  • 織田政権論
  • 毛沢東と日中戦争
  • 『年中万日記帳』にみる女性奉公人の労働と休日
  • 二十世紀日本における医療保険システムの形成・展開と現在
  • 秀吉の朝鮮出兵に至るまで
  • 近世紀州における災害復興
  • 皇帝支配における天
  • 古代中国における秩序表示としての色
  • 石田三成論
  • 三好長慶の畿内支配について
  • 日本・キューバ関係史
  • コレラ禍における民間信仰と明治政府
  • 安政東海地震における開港場下田の復興と閉鎖
  • 古代中国における「虎」の意味
  • 室町時代における鉄砲の使われ方について
  • 吉田松陰の天皇観と違勅問題
  • 八戸藩における天明飢饉の実態
  • 世界平和統一家庭連合の世界進出
  • 郡国制成立についての考察
  • 賤ケ岳の戦いについて
  • お風呂の近現代史
  • 「不登校」と学校に行けない子どもたちの昭和・平成史
  • 近世日本における琉球船漂流民送還について
  • 戦国期島津氏について
  • 律令軍団制に関する考察
  • 律令国家の喪葬儀礼について
  • 古代ギリシアにおける同性愛
  • アパルトヘイトの南アフリカと日本
  • 伊達政宗発給文書からみる政宗と片倉景綱との関係性について
  • 中世東海地域の水運
  • 大坂本屋仲間の規則と違反者対策
  • 日本における紅茶生産の歴史
  • 始皇帝の中華統一の戦い
  • 昭和戦後の京都府知事選挙と府政
  • 会津藩の民衆から見た戊辰戦争
  • 中国古代における暦の成立とその思想的背景
  • 文化大革命期の中国知識人たち
  • 輸入土器から見る古代エジプト先王朝時代の国家形成過程
  • 『PEANUTS』と戦後アメリカ史
  • 本多平八郎忠勝
  • ネーデルランド総督マルグリット
  • 『西播怪談実記』から見る西播地方における「狐」像の変遷
  • 近世大坂における朝鮮人参の流通
  • 明治時代の怪異にみる西洋からの影響
  • イコノクラスム-論争とその歴史的背景-
  • 中近世近江国の油日神社と甲賀武士
  • 近世京都における地下官人の実態
  • 禁煙・分煙の昭和・平成史
  • 『真田家文書』からみる関ヶ原合戦における石田三成
  • 18世紀以降フランスのファッション伝達
  • 戦国時代の奈良
  • キューバ危機
  • 日本古代の東北政策
  • アメリカの第一次世界大戦参加
  • 院政初期における権力の対立と保元の乱
  • 近代三重における被差別部落の産業
  • 江戸時代における二人の女性天皇について
  • 竹島・独島問題の日韓での認識と相違点
  • 近代日本における高等女子教育の成立と実態
  • 江戸の雛市と雛祭り
  • 賀川流産術の登場による分娩時の男女パワーバランスの変化
  • 印象派と浮世絵
  • 江戸の飲食業の変遷
  • イブン・ハルドゥーンの『歴史序説』における国家と経済
  • 近世中期美濃苗木藩遠山家の養子と家督相続
  • 近世淀川における治水効果
  • ナポレオンの遺体返還
  • テニスの社会史
  • 泉州地域における漬物と飢饉
  • 近世河内国における札遣いの実態
  • 伊賀甲賀忍術書の心理史的意義
  • アヘン戦争はどのようにして始まったのか
  • 『続日本紀』における天候に関する考察
  • 貿易から始まるヴァイキング時代
  • 十八世紀末の場所請負商人とアイヌ
  • コンテンツツーリズムから創出される新たなコミュニティ
  • マカートニー使節団と清朝
  • 近世東海道における二川宿本陣経営
  • 中国料理について
  • 女性官人の地位と役割について
  • ローマ皇帝信仰の出現とローマ皇帝観の変容
  • 平成の技術発達と若者の余暇
  • 細川藤孝との関係を通してみる明智光秀の実像
  • 洋務運動は失敗だったのか
  • 奈良仏教から平安新仏教への変遷
  • 古代の内臣・内大臣について
  • 幕末・明治初期「軍楽」に見る西洋音楽の受容
  • 明智光秀の丹波攻略
  • 中世における筑前筥崎宮と博多に関する考察
  • 摂津能勢氏について
  • 二・二六事件について
  • 奈良女子高等師範学校附属小学校図書室の変遷
  • 中世天皇の葬儀について
  • 昭和・平成期におけるトラック輸送の展開と課題
  • 幕末日本の中国観
  • 1950年代以降のウェディング、結婚、そして、日本のジェンダー
  • 大学進学の昭和・平成史
  • 日露戦争期における戦費調達と非常特別税
  • 『日本三代実録』にみる「地震活動旺盛期」の末葉
  • 満州電信電話株式会社と昭和のメディア-外地から内地への影響-
  • 『明月記』からみる遊女と後鳥羽天皇の関係
  • イエズス会の日本布教と資金問題
  • 近現代日本における人と動物の関わりの変遷
  • 近世中期江戸幕府「御書物奉行」を通してみる御家人の職務
  • 日韓併合期における皇民科教育と教育政策
  • 源義経論
  • 戦国期近江六角義賢・義治の権力瓦解について
  • 光仁・桓武朝の仏教政策
  • ドイツの統一とフランス
  • 明治期京都のコレラ対策
  • 鎌倉時代における密懐と妻敵討について
  • 姫路藩における木綿生産と専売制
  • 羽柴秀長
  • 戦国期越前朝倉氏の奉行人に関する考察
  • 日本における百貨店のあゆみ
  • 幕末期の東海地方における神葬祭運動
  • 『看聞日記』にみえる怪異について
  • 洞ヶ峠の真相
  • 同時代史料からみる赤穂事件
  • 中世伊勢神宮の怪異
  • 大山事件は海軍の謀略か
  • 「応永の飢饉」の被害と寺社の対応
  • 現代地域社会において都市祭礼が生存する要素
  • 正史「三国志」における劉備玄徳の人物像
  • 古代日本における雑徭に関する考察
  • イギリス女性参政権運動
  • 近江商人の相続と経営
  • 古代ローマの公衆浴場の発展と衰退からみるローマ帝国の社会と衛生観
  • アヘン規制の歴史
  • 平城太上天皇の変と二所朝廷
  • 古代末期の二元論とグノーシス思想
  • 南都復興について
  • 後水尾天皇譲位をめぐる朝幕関係
  • ペルシア戦争後のポリス社会の衰退の経緯と原因
  • 秦漢時代の私家奴隷
  • 良賤制についての一考察
  • ベ平連の歴史

2019年度

  • 浮浪児・浮浪者から見る戦中・敗戦後の日本
  • 旅行記から見るモンゴル帝国
  • 明治時代における士族授産事業の考察
  • 近代日本における社会から見た公衆浴場
  • 九品中正法の意味についての再検討
  • 相良藩主としての田沼意次
  • 新府城築城における武田家家臣の動向に関する考察
  • 大和の郷と在地支配
  • 食糧管理制度と人びとの暮らし
  • 戦後の北海道酪農
  • 近世前期における「大坂牢人」の再仕官に関する考察
  • 占領期ドイツにおける音楽文化政策
  • 藤原仲麻呂の政策についての一考察
  • 古代中国における自殺について
  • 西洋中世の日常生活と暴力
  • 織田信長・三好長慶と本能寺
  • 江戸の古着商売
  • 律令体制下における采女について
  • 横浜開港と貿易管理
  • 昭和と平成の即位礼・大嘗祭
  • 古代の大兄制度について
  • 古代中国の馬車について
  • 「日本アニメーション」という文化産業への発展
  • 近世四国における巡礼と産業
  • 唐宋時代における商業組織「牙人」の発達とその存在意義
  • 十九世紀における石見神楽の意義
  • ジャンヌ・ダルクと百年戦争
  • 新宗教と帝国主義
  • 林実利からみる近代の修験道と宗教界
  • 徳川吉宗の改暦事業
  • 伊達政宗の慶長遣欧使節
  • 現代都市大阪の誕生と発展
  • 西ドイツ「経済の奇跡」と女性のファッション
  • 光明皇后の宮と皇后宮職
  • 富士山宝永噴火における降灰被害と復興作業の実態
  • 北九州市の公害史
  • 原爆投下認識の日米比較
  • 加賀藩における十村の身分的立場
  • 十八世紀後半における大和郡山藩主柳沢保光の人的諸関係
  • 古代日本における伝制活用の一考察
  • 鎌倉時代における延暦寺訴訟
  • 松代藩財政における御余慶方の役割
  • 子ども観の中世史
  • 鎌倉期にあらわれる崇徳院の怨霊について
  • G7サミット開催をめぐる誘致活動の昭和戦後・平成史
  • 小田原合戦直前における後北条氏と他大名の関係について
  • 近代大阪市の水道事業
  • 第二次世界大戦後ドイツにおけるユダヤ人社会
  • スマトラ島地震から見る災害復興の歴史
  • 近現代の御柱祭
  • 第二次世界大戦後における沖縄イメージの変遷
  • 古代中国の游侠について
  • 天保期北信濃における善光寺町の捨子事情
  • 唐代の婚姻関係について
  • 『看聞日記』にみえる「夢想」について
  • ロシア内戦期におけるボリシェヴィキの経済政策
  • 1850年イギリス公共図書館法
  • フィンランドの教育改革について
  • 『看聞日記』にみる「怪異」と称光天皇
  • 戦争報道と反戦運動について
  • アメリカ冷戦政策と宇宙開発
  • 織豊期の名物の授受について
  • 郷土史家西角桂花についての考察
  • 現代社会における化粧の役割
  • ブルボン王家の婚姻政策
  • 平安京における災害と住民の動向に関する考察
  • 第二次世界大戦後における中ソ関係について
  • ドイツ統一を巡る国際政治
  • 近世における化物観
  • 浅井長政の生涯
  • 魔女裁判について
  • 食文化から見る古代ローマの人々の暮らし
  • 武田信玄と諏訪信仰
  • 前近代史料にみえる「人魚」
  • 柳沢吉保の政治的立場
  • 小豆島オリーブ産業の起こりと発展
  • 五代から宋にかけての中原王朝と契丹との関係
  • 張作霖から見る馬賊の帰順政策
  • 織田信長と天皇の関係
  • 児童虐待とその防止をめぐる近現代史
  • 近世武家社会における奥向について
  • アイドルの戦後史
  • 唐代における女性の装いと時代背景について
  • 医疾令と古代医療制度
  • 大正期における大本と出口王仁三郎
  • 雛鶴姫伝承と護良親王の首級の行方
  • 現代の摂河泉におけるダンジリ文化の変遷
  • 17世紀初頭前後の東南・東アジア海域における国際関係と貿易の特質
  • 中国古代の儀礼における宴について
  • トマス・ペインの思想的変遷とアメリカ独立革命
  • 慶長庚子の乱における黒田長政・藤堂高虎の内部工作
  • 豊臣秀吉の有馬温泉支配とその経営
  • 中国古代における身体毀損の意味について
  • 光仁天皇の即位事情
  • マムルーク朝の商人と商業活動
  • イギリスにおける生殖医療に関する法整備の過程
  • 藤原種継暗殺事件の諸問題
  • 戦間期イギリス航空産業の対日輸出について
  • 十九世紀における臼杵藩のキリシタン統制
  • 戊辰戦争における土佐藩兵士の実態
  • 織田信長と足利義昭の政治的関係
  • 古代の三関に関する諸問題
  • 19世紀フランスにおけるジャンヌダルク神話
  • 昭和戦前・戦時期における飛行場
  • 中国古代の占いについて
  • 十字軍と西洋世界の変容

ページトップ