対象者別メニュー

ACADEMIC

学部・大学院

文学部 史学科カリキュラム

学びのプロセス

奈良でしかできない本物に触れる体験と学びを通して、歴史に深く迫ります

寺社や古墳などの文化遺産と自然遺産に恵まれた奈良の地の利を生かし、「現場に行く、実物を見る、体感する」を重視した授業の中から各自興味あるテーマを見つけ、研究を重ねます。また、奈良大学が誇る全国的な学術ネットワークを生かし、学びを深めます。

学科のポイント

1

「暗記」から「考える歴史学」へ

高校までの歴史は史実を覚えることでしたが、大学では暗記は必要ありません。歴史的変化の要因を考察し、本当の歴史学に迫ります。

2

徹底した個別指導のもと卒論を作成

自分自身の関心を探り、研究テーマを掘り下げ、答えを導き出す卒業論文。学生の自主性を重んじながら担当教員が個別指導します。

3

“本物”に触れる環境で学ぶ

まち全体が“生きた歴史”である古都奈良。本物の史料に触れ、自身の経験を通して歴史から考える力を高めます。

学びのフィールド

日本史

歴史は空想ではなくて、事実にもとづいて復元しなければなりません。そのためには、史料を正しく読み取ることが必要です。史料は、本にまとめられたもの(典籍)のほかに、古文書・絵図・新聞・木簡などがあり、授業を通じてそれらの史料を読み解く力を習得。それをもとに自分のテーマに合った材料を見つけていくことからスタートします。

世界遺産史学

奈良市では東大寺、興福寺、春日大社、春日山原始林、元興寺、薬師寺、唐招提寺、平城宮跡の8カ所が世界遺産に登録されています。いずれも奈良大学の近くにあるので、現地見学を織り込みながら、歴史的アプローチを行います。さらに国内に限らず、全世界の遺産を視野に入れた学びを展開しています。

東洋史

中国はもちろん、東アジア、北アジア、さらにイスラム世界へと「東洋史」の研究領域は大きく広がっています。史料実習・講読で、歴史学研究の基礎となる史料の読み方、使い方を丁寧に指導します。研究に必要とされる能力を身につけ、実証的かつダイナミックに世界を探求します。

史学会

史学会は教員と学生から構成され、学生が運営の中心となっています。毎年、研究誌『奈良史学』を発行し、全国の研究機関から評価されています。また、年に数回実施される歴史体験ツアーには、他学科からも参加者を迎えるなど、歴史を通じて幅広い人的交流を実現。授業とはひと味違うユニークな方法で、歴史ヘの興味を喚起し、体験から知識を深めています。

西洋史

近代世界は、西洋主導でつくられてきました。しかし、いまやその近代文明も見直しを迫られ、西洋社会を深部から客観的に理解することが重要となっています。さらに、西洋とアジアを始めとする外部世界との関係に着目し、欧米一辺倒だったこれまでの西洋史を見直すといったことは、グローバル化する私たちの未来を考えるうえにおいても、必要不可欠な取り組みです。

学外研修

3年生で演習(ゼミ)の所属が決まると、ゼミごとに学外に出て研修を行います。京都、大阪に出かけたり、まち全体が生きた歴史と呼べる奈良を歩いたり、それぞれに専門とする研究領域に関係の深い史跡や文化財を体感します。また、この恵まれた環境を最大限に生かして、正倉院展を始め博物館での学習も積極的に実施しています。

木簡と平城京の古絵図

19世紀のヴィクトリア朝期のファッション

伊達政宗書状

ページトップ