対象者別メニュー

ACADEMIC

学部・大学院

文学部 地理学科カリキュラム

学びのプロセス

現地を自らの目と足で調査。
過去・現在の生きた情報をもとに未来を考えます

地理学の調査・研究方法を、多彩なフィールドワークを通じて学びます。さらに高度情報化社会に対応する地理情報システム(GIS)も習得。また、所定の科目を修得して測量士補やGIS学術士、地域調査士の資格を取得できます。

学科のポイント

1

文系・理系を横断的に学ぶ

地形、気候、都市、歴史、経済、社会、文化、交通、情報など、各専門分野の教員が充実。
文系・理系のジャンルを超えた総合的な探究ができます。

2

地図の使い方からGISまで徹底的に学習

地図や空中写真などの収集・活用から、地理情報システム(GIS)まで、地理学研究に必要な基礎的技術を徹底的に学びます。

3

充実のフィールドワークで、学びを深める

「海外研修」「国内巡検」「日帰り研修」「野外調査」など、充実のフィールドワークを展開。
現地で学びを深めます。

学びのフィールド

地域創生コース

日本の諸地域では高齢化・過疎化・買い物難民といった問題が深刻化しており、解決への糸口が必要です。諸地域の特徴を学び、まちづくり・まちおこしによる地域活性化について考えます。

地域環境・防災コース

地震・津波・洪水といった自然災害が生じた際に、被害を最小限に抑えるための対策が必要です。地形や気候など自然環境に関する知識を学び、里山や平野など、人々の生活する地域の自然環境について考えます。

歴史・文化コース

国際化が進む日本では、歴史や文化に関する正確な理解が必要です。絵図や古地図などを使って、過去の人々の暮らしでみられた空間的な位置関係を学び、地域における文化の特徴について考えます。

データサイエンスコース

高度情報化社会では、数多くのデータが時々刻々と蓄積されており、高度なデータ解析の能力が必要です。地理情報システムなどを使用した空間解析手法を学び、結果を分かりやすく伝えるプレゼンテーション能力を身につけます。

海外研修

近年では、サンフランシスコ、パラオ、ベトナム、アマゾンの熱帯雨林、イタリアやクロアチアの都市、進化論で有名なガラパゴス諸島、アフリカのサハラ砂漠、中国北部、朝鮮半島、ネパール、インドネシアなどで現地研修を行いました。。

国内巡検

3~4泊の国内フィールドワークは3年生全員参加で、教員のゼミごとに日本各地で実施。学生主体で計画を立て、地形や水の観測、農家経営の聞き取り、まちづくりの現場視察、絵図資料の調査など、さまざまな地域調査活動を展開。また現地の自然や人々との触れ合いは、社会で学ぶ貴重な体験になります。

伝統的村落の変貌を知る

都市空間を内外から見つめる

都市と交通を考える

ページトップ