ここからメインコンテンツです。

学部・大学院

大学院

大学院
社会に貢献する専門家の育成
  • 大学院紹介
  • 文学研究科
  • 社会学研究科

大学院の目的は、各専門分野において理論や技術の応用を研究し、それらを社会や文化に役立てる指導的な役割を担うエキスパートを育成することです。奈良大学大学院には、文学研究科と社会学研究科の2研究科を設置。専攻は、文学研究科は国文学・文化財史料学・地理学の3専攻、社会学研究科が社会学専攻となっており、高度な研究に力を注いでいます。

目的

ページトップへ

研究のさらなるUPを

文学研究科と社会学研究科で構成されています。文学研究科には、国文学、文化財史料学(博士前期・博士後期課程)、地理学の3専攻、社会学研究科には社会学専攻を設置しており、自己の研究を一層高めたい学生たちが学んでいます。 国文学専攻では、日本の言葉をめぐる諸現象を、古典・近代文学・言語伝承を中心に研究を行います。文化財史料学専攻、博士課程(前期2年・後期3年)では、日本史学、世界史学(東洋・西洋)、美術工芸史学、考古学(日本・国際)、保存科学の5分野の研究が可能です。また、地理学専攻では自然地理学、人文地理学、地誌学、GISの各分野の立場で科学的に研究がなされています。 社会学専攻には、社会学、文化人類学、社会心理学の理論と研究法、及び社会調査の専門的技法を中心に実証的研究を行う「社会文化研究コース」と、臨床心理学の理論と研究法、及び臨床実践の専門的技法を中心に実証的研究を行う「臨床心理学コース」が設けられています。

沿革

ページトップへ

平成5(1993)年4月、文学研究科(国文学専攻・文化財史料学専攻)、社会学研究科(社会学専攻)の2研究科3専攻を、平成11(1999)年4月、文学研究科に地理学専攻が設置され、現在2研究科4専攻で組織されています。そのうち、文学研究科「文化財史料学専攻修士課程」を、平成7(1995)年4月、前期課程2年、後期課程3年の博士課程に拡充し、研究能力とその基礎となる豊な学識を養い、高度な専門性が求められる社会の多様な方面で活躍し得る専門職業人の育成を行ないます。

学位授与の方針(DP:ディプロマ・ポリシー)

ページトップへ

文学研究科   国文学専攻

日本文学・日本語およびそれらに関連する文化的諸領域の研究方法について、充分な知識を有し、かつ自発的に研究が進められる人材の育成を教育目標に掲げている。この教育目標を実現することを意図したカリキュラムの所定の単位を修めた学生に、修了が認定される。そのためには、以下のことが求められる。

  1. 個別の授業により、専門分野に対して、充分な知識を有するようになること。
  2. 複数の授業を受講して得た個別の知識を自ら統合して、未知の問題を解決する力を有するようになること。
  3. 自らの意見を正確に伝え、他者の意見を正確に理解した上で、根拠ある結論を導き出せる力を有すること。

文学研究科  文化財史料学専攻

  1. 文化財史料学に関する高度な専門知識及び技術を有するとともに、国際的な視野と幅広い学識を備え、それらを活かして社会に貢献できる能力を身につけていること。
  2. 種々の文献史料及び実物資料から読み取れる諸現象に対し、科学的及び実証的に思考・分析する能力を有し、諸問題に対応できること。
  3. 国内外の文化遺産(文化財)に対する正しい知識と深い理解を有し、それらの調査・保存・修復・活用等に対応できること。

文学研究科  地理学専攻

  1. 地理学専攻では、文理融合の総合的性格を持つ地理学の特徴を生かすために欠かせない基礎的知識と、先端的な専門知識と、それに対応する技能を修得し、それを総合できる能力をもつ人材養成が目標である。
  2. 修士号の学位授与の要件は、上記の目標に向かって編成されたカリキュラムのもとに各自の専門性を深めつつ、分野横断的に幅広く履修し、所定の年限以上在籍し、32単位以上を修得し、修士論文の審査に合格することである。
  3. 修士課程の修了に際しては、高い倫理性と強固な責任感をもって、自らの研究を遂行する能力を身につけていることを重視する。

社会学研究科  社会学専攻

所定の年限以上在学し、専攻の設定した授業科目を履修したことによって以下の優れた専門的知識、実践力、研究能力を身につけ、さらに修士論文の審査に合格した者に学位を授与する。

  1. 「社会的存在」としての人間の諸問題を深く理解するための、高度な専門的知識
  2. 現代社会や人間の心に関する諸課題に対応し、専門的知識を応用できる実践力
  3. 専門の研究分野において問題解決に寄与し、その成果を適切に発信できる研究能力

教育課程編成・実施の方針(CP:カリキュラム・ポリシー)

ページトップへ

文学研究科  国文学専攻

日本文学・日本語とそれらに関連する分野を、体系的に学べることを意図して作られている。

  1. 日本語と日本文学を広く東アジア文化現象と比較しながら考察してゆく学習方法を熟知し、体得する姿勢を育成する。
  2. 文献調査やフィ-ルドワ-クによって、実証的に考察を進めてゆく学習方法を熟知し、体得する姿勢を育成する。
  3. 少人数教育を旨として、参加型授業により、自らの思考によって分析した事柄を自らの言葉で伝え、討論してゆく姿勢を育成する。
  4. 奈良大学の保有する書物や版木などの資料、さらには奈良の歴史的環境を活かした授業により、実物・実地に学ぶ学習方法を熟知し、体得する姿勢を育成する。
  5. カリキュラムマップはこちら

文学研究科  文化財史料学専攻

  1. 国際的な視野を持ち、幅広い知識を獲得し、多角的な思考ができるようにするため、本学の多様な分野の学術的研究を幅広く学べるようにする。
  2. 科学的・実証的思考の基礎となる文献史料及び実物資料を適切に活用する能力を修得するため、それらを用いた実践的な教育を行う。
  3. 文化遺産(文化財)の調査・保存・修復・活用等に関する専門知識及び技術を修得するため、それらを用いた実践的な教育を行う。
  4. 自ら思考し、分析する姿勢を養うため、発表や討論を取り入れた学生参加型の少人数教育を行い、各自の研究については個別指導を行う。
  5. カリキュラムマップはこちら

文学研究科  地理学専攻

  1. 地理学という学問分野の特徴は、自然地理学的分野と人文地理学的分野とそれをかけつなぐ地誌学的分野とが文理融合した総合的な性格にある。また研究の対象と方向は、幅広く、諸現象の成因から、現実に生起する諸問題の解決に向けて取り組む。
  2. 地理学の学問的な特徴を生かすために必要な基礎的知識と、GISをはじめとする先端的な専門知識とそれに対応する技能を修得し、それを総合できる能力を備えた人材を養成することが地理学専攻の目標である。この目標に向かって本専攻のカリキュラムの編成がなされている。
  3. 修士課程では、自己の専門的分野を深める一方で、本専攻の教員の多様で専門的な研究分野を生かした科目群をできるだけ分野横断的に履修することができる。
  4. カリキュラムマップはこちら

社会学研究科  社会学専攻

  1. 社会・人間諸科学におけるさまざまな研究分野を学ぶための科目を設置し、理論と実践を融合し、複眼的な視点からの研究活動を促進・支援する教育課程を編成することで、本研究科の教育研究上の目的を達成する。
  2. 社会文化研究コースにおいては、とくに社会学、文化人類学、社会心理学の理論と研究法、及び社会調査の専門的技法を中心に教授することで、研究者として実証的研究を遂行するための基礎的な知識、技術、倫理観を養う。
  3. 臨床心理学コースにおいては、とくに臨床心理学の理論と研究法、及び臨床実践の専門的技法を中心に教授することで、各種の臨床現場において高い倫理観と職業意識をもって活動できる心理臨床家を育成する。
  4. 社会文化研究コースのカリキュラムマップはこちら
    臨床心理学コースのカリキュラムマップはこちら

入学定員及び収容定員

ページトップへ

研究科専攻コース課程入学定員収容定員
文学 国文学 修士 5人 10人
文化財史料学 博士前期 10人 20人
文化財史料学 博士後期 2人 6人
地理学 修士 5人 10人
社会学 社会学 社会文化研究 修士 5人 10人
臨床心理学
  • ホーム
  • 交通アクセス
  • サイトマップ
  • このサイトについて
  • 個人情報保護方針
  • 資料請求
  • お問い合わせ

ページの先頭へ戻る