対象者別メニュー

Qualifications and
employment

資格・就職

個別相談

個別相談

マンツーマンの支援による個別サポート

より良い進路選択を展開してもらうためキャリアセンターは、就職に関することだけでなく学生生活全般におけるさまざまな相談に応じています。マンツーマンの支援により、職員が学生と人間的で密な関係を築くことは、進路選択を行う学生に重要な要素であると考えているからです。

未就職者を出さない体制づくり

4年生全員にメールや電話できめ細やかな対応

キャリアセンターの職員が約600人の4年生全員にメールや電話で連絡を取り、就職活動の進行状況の確認や、状況に応じた適切なアドバイス、また新しい求人情報の提供など、マンモス大学ではできないきめ細やかな支援を行っています。就職活動がスムーズにいかず壁に当たって悩んでいる学生には、キャリアセンターへ個別相談に来るように勧めるなど、親身になって精神面のサポートも実施しています。

キャリアサポーターシステム

現役の4年生が後輩をサポート

就職活動で内定をいただいたり、公務員試験に合格した4年生が、後輩をサポート。先輩の体験に基づき、同じ目線で後輩のサポートをしてくれます。また参加する4年生も、後輩の支援を経験することで、自身のキャリアアップを図ることを目指しています。

アドバイザーの声

公務員試験対策講座受講生に対して、合格アドバイザーとして3年生の学習相談や面接練習をさせていただいています。講座生の相談を受けることにより、問題を解決していくだけではなく、さまざまな人との触れ合いにより、ともに考えていく楽しさを感じています。

保護者に信頼される進路支援

学生・保護者・キャリアセンターが一体となった進路ガイダンス

自分の進路を決めることは人生の重要な選択です。この節目に保護者のバックアップ、フォローは欠かせないものです。奈良大学では、春の保護者との懇談会、秋の「保護者のつどい」(全国6カ所)や定期的な電話でのヒアリングを通して、保護者と親密な信頼関係を築き、学生の個性を最大限に生かした進路支援を行っています。このほか、基本的なマナー知識の習得や、資格取得の奨励、有意義な学生生活を過ごすためのアドバイスを行うなど、学生の立場に立った支援を展開し、確実なステップアップを図っています。また、Uターン就職の支援も行っています。

ページトップ