対象者別メニュー

About Nara UNIVERSITY

大学案内

教員紹介

社会学部

心理学科

教授

礒部 美也子いそべ みやこ

研究テーマ・領域
専門は発達臨床心理学。障害がある子どもの発達相談や言語・コミュニケーション指導に関すること、及びスクールカウンセリング等を中心に、学校・療育機関・児童養護施設といった教育・福祉の領域で臨床と研究をしている。

教授・入学センター長

西道 実さいどう みのる

研究テーマ・領域
日常の中で生成される社会的リアリティと個人の行動との関連をテーマに、わたしたちの生活をよりよいものにするため、まちづくりや環境問題、消費者行動などの分野で研究を行っている。

教授・医学博士

新宮 一成しんぐう かずしげ

研究テーマ・領域
精神科医としてまた臨床心理士として、精神の病理に接してきた。生命体が言語を話す主体でもあるという矛盾葛藤の中に、妄想や幻覚などの苦悩の在りかを観て、臨床を続けている。

教授

林 郷子はやし きょうこ

研究テーマ・領域
臨床心理学、中でも児童・思春期の心理臨床や教育臨床が専門である。最近は、箱庭や描画など非言語的な媒体を用いたコミュニケーションにおける、自己と他者との相互作用の在り方に関心がある。

教授・博士(学術)

廣井 いずみひろい いずみ

研究テーマ・領域
青年期の「居場所」の研究、非行少年・犯罪者の立ち直り支援、子の非行で悩む親支援など、青年期の心の発達とリスクについて、子ども・家庭・コミュニティーの複眼的観点から研究を行っている。

教授・社会学部長・大学院社会学研究科長・臨床心理クリニック所長

前田 泰宏まえだ やすひろ

研究テーマ・領域
心理療法の有効要因に関する研究、不安・うつの臨床心理学的研究、マインドフルネスの実践的研究を行っている。

准教授・博士(社会心理学)

村上 史朗むらかみ ふみお

研究テーマ・領域
広い意味で、「規範」についての社会心理学的研究を行っている。人が集団になると必ず規範が生じてくるが、それが機能するメカニズムについて、実験や調査を通じて検討している。

講師

卜部 敬康うらべ ひろみち

研究テーマ・領域
社会心理学の社会制度・政策への応用。環境への適応のために「個人を変化させる」方向への心理学の応用ではなく、心理学の知見から「多様な人間がありのままに共存出来る」ような社会制度の構築の可能性を考える。

総合社会学科

教授・博士(社会学)・学生支援センター長

尾上 正人おのうえ まさと

研究テーマ・領域
広い意味での「産業社会学」を研究してきたが、昨今は、人類(ヒト)が作ってきた社会の普遍的な特質(ヒューマン・ユニヴァーサルズ)からさまざまな産業社会を見直していく研究を行っている。

教授・博士(人間科学)

芹澤 知広せりざわ さとひろ

研究テーマ・領域
専門は文化人類学(民族学)、特に東アジア・東南アジアの都市人類学、華僑華人研究。中国・香港とベトナム・ホーチミン市を主な調査地にして、華僑(中国からの移民とその子孫)の社会・文化の研究を行っている。

教授

中原 洪二郎なかはら こうじろう

研究テーマ・領域
社会学や社会心理学の理論と方法を用いて世界の民族と文化を巡る社会現象を研究すると同時に、マイノリティ研究の知見を活用する形で地域活性化・地域振興など、地域に密着した調査研究も実施している。

教授・Ph.D (Sociology)

吉村 治正よしむら はるまさ

研究テーマ・領域
専門職を中心とした職歴と職域形成についての研究を行っている。また、中規模のサンプルに適正化されたデータ収集法、及び統計的分析法の研究も行っている。

Webアンケート入り口

教授

領内 修りょうない おさむ

研究テーマ・領域
リーマンショックの経緯と背景を検討し、一層膨らんだ将来リスクを考える。危機下に新たに生まれた仮想通貨とそのベースとなるブロックチェインがインターネットのインフラとなり、金融改革につながる世界を観る。

准教授・博士(工学)

正司 哲朗しょうじ てつお

研究テーマ・領域
研究テーマは、歴史的文化遺産のデジタルアーカイブである。最近は、モンゴル国にある遺跡を対象に詳細な3次元計測を行い、大規模遺跡のデジタルアーカイブを行っている。

ページトップ