対象者別メニュー

About Nara UNIVERSITY

大学案内

教員紹介

岡橋 秀典 教授・博士(地理学)

文学部

OKAHASHI Hidenori 岡橋 秀典 教授・博士(地理学)

  • 専門

    人文地理学、農村地理学、現代インド地域研究

  • こだわり

    和をもって貴しとなす

  • 趣味・特技

    スローサイクリング、園芸、映画鑑賞

  • オススメの書籍

    インド人の「力」

主な担当科目

学部 農村地理学、環境地理学、地理学特殊講義、地理学講読・調査法、地理学演習、世界地誌
大学院 人文地理学特論、地誌学演習

経歴

1975年
  • 名古屋大学文学部史学科地理学専攻卒業
1980年
  • 名古屋大学大学院文学研究科博士課程後期 史学地理学専攻単位修得退学
1995年
  • 博士(地理学)(名古屋大学)
 
  • 九州大学、新潟大学、広島大学での勤務を経て、
2018年
  • 本学着任

主な著書・論文

著書・論文
  • 「東海道メガロポリスにおける農業構造の変容」(共著、時潮社・1978年)
  • 「周辺地域の存立構造ー現代山村の形成と展開ー」(単著、大明堂・1997年)
  • 「インドの新しい工業化-工業開発の最前線から-」(共著、古今書院・2003年)
  • 「国土空間と地域社会 シリーズ人文地理学第9巻」(共著、朝倉書店・2004年)
  • 「山村政策の展開と山村の変容」(共著、原書房・2011年)
  • 「現代インドにおける地方の発展?ウッタラーカンド州の挑戦」(共著、海青社・2014年)
  • 「台頭する新経済空間(シリーズ現代インド 第4巻)」(共著、東京大学出版会・2015年)
  • ”Emerging New Industrial Spaces and Regional Developments in India”(共著、MANOHAR・2008年)

現在の研究テーマについて教えてください

第一の研究テーマは、日本の農山村地域の変貌とそのメカニズム、およびそこで生じている問題に関する研究です。特に今日、存続の岐路に立たされている山村地域が主なフィールドです。農林業、地域振興、コミュニティ、景観保全、ツーリズム、田園回帰、環境との共生など、幅広い現象に関心をもって研究を進めています。並行して、近年発展の著しい現代インドを対象とした地域研究も行っています。現地でのフィールドワークや統計分析により、空間構造、農村問題、地域開発などについて研究しています。

担当している代表科目の説明をお願いします

農村地理学
現代日本の農村の現状と問題について、世界的な視野から幅広く学びます。現代は圧倒的に都市部に住む人が多い時代ですが、もし農村がなかったら、日本の魅力は半減することでしょう。この機会に、自然と景観、農業生産、コミュニティ、観光など、農村の魅力に大いに触れてみましょう。

世界地誌Ⅱ
主に現代のインド地誌について勉強します。従来の貧困の国から、世界をリードするICTの国に変わり、今やインドの台頭を止めることができない状況です。この授業では、そんなインドの実像について、自然、文化、社会、経済など幅広い視点から迫ります。

ページトップ