対象者別メニュー

About Nara UNIVERSITY

大学案内

教員紹介

文学部

国文学科

教授・博士(文学)

石川 一いしかわ はじめ

研究テーマ・領域
研究領域は中世和歌・歌論。研究テーマは新古今歌人である天台座主慈円、及び家集『拾玉集』の研究。最近では家集中の法楽百首群の個々に対しての寺社縁起に関する研究。

教授・博士(文学)

上野 誠うえの まこと

研究テーマ・領域
万葉文化論という分野を標榜している。歌は時代の産物であるが、歌のリアリティーを支える生活と、歌の表現の回路を探している。 また、そういう研究法を考え出した、折口信夫という人物の評伝にも関心がある。

教授

柏原 卓かしわばら すぐる

研究テーマ・領域
現代日本語は過去の歴史的変遷を経て成立し、現在も変化しつつある。研究テーマは、江戸時代(近世)の文献を対象に、表記・語彙・語法などの面から現代語や方言も参照しつつ資料価値を解明することである。

教授

藤本 寿彦ふじもと としひこ

研究テーマ・領域
日本の近代詩歌研究。主に高村光太郎ほかの大正詩、四季派と呼ばれる詩人から谷川俊太郎までの昭和詩の研究をしている。また幸田文、森田たまなどの女性作家にも関心を広げている。

教授・博士(学術)

光石 亜由美みついし あゆみ

研究テーマ・領域
近代日本文学。主に、自然主義文学、女性作家の文学を対象としている。また<恋愛>や<性>が、文学においてどのように描かれているのかを、文化史的な側面からも研究している。

准教授・博士(文学)

木田 隆文きだ たかふみ

研究テーマ・領域
小説家武田泰淳を中心とする、昭和期の文学と文化を研究している。特に最近は、戦時下の上海、及びその周辺都市で展開した日本語文学の実態解明に取り組んでいる。また、戦中戦後の言論統制にも関心を寄せている。

講師・博士(文学)

中尾 和昇なかお かずのり

研究テーマ・領域
曲亭馬琴を中心とする江戸時代後期の小説(読本・草双紙など)を「様式」というアプローチから研究している。また最近では、名所図会の生成・展開・享受の問題についても取り組んでいる。

講師・博士(文学)

松本 大まつもと おおき

研究テーマ・領域
平安文学作品の注釈書や享受・受容史について研究している。特に『源氏物語』の注釈書を対象の中心とし、南北朝から室町期にかけての注釈の実態・過程・意識などを探っている。

史学科

教授

足立 広明あだち ひろあき

研究テーマ・領域
古代末期地中海の社会史、心性史。後期ローマ帝国、もしくは初期ビザンツ帝国を中心に、地中海世界とその周辺地域の古代末期における社会変容に関心を抱く。近年は当時の女性修道者や巡礼、哲学者に関する史料を解読している。

教授・博士(人間・環境学)

河内 将芳かわうち まさよし

研究テーマ・領域
日本中世史のうち、室町・戦国時代の都市社会史を勉強している。具体的には京都や奈良を中心に、都市住民や神社・寺院、あるいは武士や公家たちが織りなす中世独特の都市の社会について勉強している。

教授・博士(文学)

角谷 常子すみや つねこ

研究テーマ・領域
中国古代史。対象としている時代は、主に中国の戦国時代から三国時代、約700年で、最近は、表現・伝達の方法と内容、及び目的の関係、そして親族関係といったテーマに興味を持っている。

教授・博士(文学)・文学部長・大学院文学研究科長

寺崎 保広てらさき やすひろ

研究テーマ・領域
日本古代史(平安時代以前)。特に飛鳥・奈良時代を専門とし、木簡などの史料論、藤原京・平城京などの都城論、律令官人制、租税制度などを主な分野としている。

准教授・博士(文学)

木下 光生きのした みつお

研究テーマ・領域
江戸時代における「貧困、救済、自己責任」の問題に関心を寄せている。いまの日本は、貧困の公的救済に対し、極度に冷たい社会となっているが、その淵源は江戸時代にあるのではないか、と想定しながら研究を進めている

准教授・博士(文学)

村上 紀夫むらかみ のりお

研究テーマ・領域
日本文化史。民間で活躍した宗教者や芸能者の姿を比較的長い時間軸でとらえ、彼らを受け入れた社会について勉強している。政治史や経済史とは少し違った文化史という切り口で見ると社会はどのように見えるかを考えてきた。

准教授・博士(法学)

森川 正則もりかわ まさのり

研究テーマ・領域
日本近現代史、特に20世紀日本の政治外交史・政治経済史を中心に学んでいる。最近は主に戦間期(大正期・昭和戦前期)における日本の「経済外交」の諸相と展開について調べており、今後は戦後も視野に入れていきたいと考えている。

准教授・博士(文学)

山口 育人やまぐち いくと

研究テーマ・領域
良くも悪くも西洋の膨張と近代化の先頭に立った近現代イギリスの歴史に関心を持っている。現在は、20世紀後半のイギリス帝国の解体、及びイギリスの対外関係を、世界史的視覚を意識しながら研究している。

准教授・博士(文学)

山崎 岳やまざき たけし

研究テーマ・領域
16世紀中国沿海部の地方社会・政治権力・軍制機構・国際関係を主な研究対象とし、東アジア諸国の歴史的展開をこれと有機的にかかわるものとして再構築することを目指している。

地理学科

教授・理学博士

池田 安隆いけだ やすたか

研究テーマ・領域
地殻変動による地形形成過程に関する研究や、日本列島などの沈みこみ型造山帯における地殻歪みの蓄積程と超巨大地震に関する研究を行っている。また、自然災害に人類がどのようにかかわってきたかを考えている。

教授・理学博士

海津 正倫うみつ まさとも

研究テーマ・領域
自然地理学、地形環境学。沖積平野や海岸平野について土地の生い立ちや性質、人々の生活環境や自然災害などに関する研究を進めている。研究対象地域は国内のほか東南アジアのデルタや海岸平野など世界各地に及んでいる。

教授・博士(理学)

木村 圭司きむら けいじ

研究テーマ・領域
気候学が専門分野であり、気候環境とその変化が研究テーマ。研究対象地域は日本全域、アラスカなどの寒冷地、モンゴルなどの乾燥地、東南アジアや南部アフリカといった発展途上地域などである。

教授

酒井 高正さかい たかまさ

研究テーマ・領域
地域人口の統計データを、GIS(地理情報システム)も活用して分析している。関西学研都市地域にも関心を持って、観察や分析を続けている。

教授・通信教育部長

土平 博つちひら ひろし

研究テーマ・領域
専門分野は歴史地理学。近世大名の領地、陣屋とその町の形態を明らかにすることが研究テーマである。また、都市とその周辺農村の関係やその変化についても関心を持つ。そのほか近世絵図・近代地図にも興味を持っている。

教授・博士(文学)

三木 理史みき まさふみ

研究テーマ・領域
交通地理学、歴史地理学。現在は、中国東北地方の開拓における、日本・ロシアの建設した鉄道の輸送と、現地の舟運や馬車などの在来的交通手段の関係についての研究に取り組んでいる。

准教授・博士(学術)

稲垣 稜いながき りょう

研究テーマ・領域
人口の都心回帰、郊外の衰退、買い物弱者の問題など、現代の都市や郊外地域において生じている事象を、都市地理学の立場から考察している。

講師・博士(文化情報学)

藤本 悠ふじもと ゆう

研究テーマ・領域
GIS(地理情報システム)の国際標準である「ISO 19100シリーズ」を軸に、ビッグデータ分析の方法論や、地域情報のデジタル・アーカイブ、地域活性に関する研究等を行っている。

文化財学科

教授・博士(学術)

今津 節生いまづ せつお

研究テーマ・領域
文化財の保存や科学調査が専門。沈没船などの出土木材を保存したり、X線CTを使って文化財を健康診断したり、3Dプリンタを使って触れる展示を企画している。いつも楽しく実践的な研究を目指して活動している。

教授

植野 浩三うえの こうそう

研究テーマ・領域
考古学と博物館学を担当。古墳時代の手工業生産史(中でも須恵器生産史)を研究中。日韓窯業生産の比較研究も現在進行中。博物館学は、遺跡博物館の実態を調査し、活用について考えている。

教授

魚島 純一うおしま じゅんいち

研究テーマ・領域
文化財保存環境の管理、特に低酸素濃度処理等を中心とした簡便で実用的な文化財加害害虫の管理に取り組む一方で、非破壊分析による銅鐸などの保存科学的調査を行い古代のわざの解明を目指している。

教授・博士(文学)

小林 青樹こばやし せいじ

研究テーマ・領域
縄文時代や弥生時代など、先史時代の人々の生活や技術の復元を研究している。また稲作や金属器の起源を追求するため、東アジアの考古学も研究している。

教授

小山田 宏一こやまだ こういち

研究テーマ・領域
中国・韓国・日本における治水灌漑史(史的背景・技術・交流)を探求している。最近は前方後円墳築造の土木技術についても関心を持っている。

教授・博士(学術)・博物館長

坂井 秀弥さかい ひでや

研究テーマ・領域
古代・中世における地域社会の考古学的研究。日本の文化財保護と遺跡調査についての歴史と特質。文化財を生かした地域づくりについての実践的研究。

教授

塩出 貴美子しおで きみこ

研究テーマ・領域
日本の中近世の絵画、特に絵巻や掛幅などに描かれた物語絵や説話画など、何らかのストーリー性を有する作品を研究対象としている。現在は『源氏物語』『徒然草』などの古典の絵画化について探求中。

副学長・教授・図書館長・総合研究所長

関根 俊一せきね しゅんいち

研究テーマ・領域
仏教のさまざまな法会・儀式において、仏像がどのような意味や規則を背景として造られ、工芸品がどのように用いられていたのか、また時代の変遷によってどのように姿や形を変えるのかについて考えている。

教授・博士(文学)

千田 嘉博せんだ よしひろ

研究テーマ・領域
城跡の考古学的研究から社会構造を研究している。日本では信長・秀吉・家康の城を、世界では紀元前の砦から近代要塞まで現地を訪ねて分析。また全国の城跡調査と史跡整備にかかわる。

教授・博士(文学)

吉川 敏子よしかわ としこ

研究テーマ・領域
日本古代の文献史学を専門とし、律令貴族の政争史や、制度史、氏族の系譜史料を研究してきた。近年は、古代の牧の研究に取り組んでいる。

准教授・博士(文学)

豊島 直博とよしま なおひろ

研究テーマ・領域
日本の国家はいつ、どのように生まれたのか。邪馬台国の3世紀、倭の五王の5世紀、大化の改新の7世紀説が対立し、七五三論争とも呼ばれる。この論争に、全国の古墳や飛鳥の発掘成果を手がかりに挑んでいる。

ページトップ