対象者別メニュー

About Nara UNIVERSITY

大学案内

教員紹介

学長・副学長・教養部

学長

教授・農学博士

清水 哲郎しみず てつろう

研究テーマ・領域
専門分野は消費経済学、食料経済学、行動計量学。主に、食品にかかわる分野の消費現象や消費者行動、またマーケティング戦略を行動計量学的視点から研究している。さらに、世界の食料情勢や食料需給問題についても計量経済モデルによって分析を行っている。

副学長

教授・図書館長・総合研究所長

関根 俊一せきね しゅんいち

研究テーマ・領域
仏教のさまざまな法会・儀式において、仏像がどのような意味や規則を背景として造られ、工芸品がどのように用いられていたのか、また時代の変遷によってどのように姿や形を変えるのかについて考えている。

教養部

教授

石﨑 一樹いしざき かずき

研究テーマ・領域
英米文学、英米文化。文学、音楽、映画、ゲームなど、さまざまな文化表象から現代社会の在り方を考える。最近の重点テーマは、ポピュラー音楽と文学との関係。

教授・理学博士

岩崎 敬二いわさき けいじ

研究テーマ・領域
水辺の動物の生態と保護、水辺環境の保全について研究している。特に、日本独自の自然や人間の営みを脅かしている水生外来生物の分布・生態・被害・防除に関する研究が、現在の主要なテーマである。

教授

内田 聖二うちだ せいじ

研究テーマ・領域
英語学、特に意味と文脈との関係を考察する語用論の分野。

教授・医学博士

島本 太香子しまもと たかこ

研究テーマ・領域
女性と子どもの医療保健行政(周産期医療、母子保健、少子化対策など)と臨床に携わり、現在は、ジェンダー生理学、生涯にわたる女性の健康、生命科学と人間の生、男女共同参画が主要なテーマである。

教授・教養部長

田中 文憲たなか ふみのり

研究テーマ・領域
研究領域は国際関係論、及びヨーロッパ統合史。研究テーマはアメリカ、及びヨーロッパの個人銀行、マーチャント・バンク、投資銀行の成立過程。

教授

田原 武彦たはら たけひこ

研究テーマ・領域
世界トップクラスバレーボールナショナルチームの戦術・戦力分析を、実際の試合場面でデータを収集し、それを基に実施している、同時に、各チームの中心選手の技術分析も行っている。

教授

中尾 敏充なかお としみつ

研究テーマ・領域
日本近代法史、特に、日本近代国家と税務行政、及び日本近代国家と地方自治を中心に研究している。日本がなぜ西洋型近代法を継受することが出来たのか、また、その継受の特徴は何かを明らかにすることである。

教授

中戸 義雄なかと よしお

研究テーマ・領域
研究領域は教職課程教育、人間形成論である。多様な問題を抱える現在の学校現場に対応し、一人ひとりの生徒に向かい合うことができる教員を、どのように養成していくかが研究課題である。

教授

西出 公之にしで きみゆき

研究テーマ・領域
専門分野は英語史、英語教育。英語史の分野では、チョーサーの全作品のコーパスを用いて、イディオムやコロケーション以外の頻出表現の抽出を試みている。

教授

元根 俊孝もとね としたか

研究テーマ・領域
専門分野は学校経営。「評価(学校評価・授業評価を中心に)」「身近なものの教材化」「連携・協力」を糸口に、効果的な評価はどのようにあるべきか、個に応じた多様な学びの「場」「機会」「内容」等の設定はどのようにあるべきかについて研究している。

教授

山根 キャサリンKathleen YAMANE

研究テーマ・領域
社会言語学の中でも、特に言語の多様性に焦点を当てて研究してきた。ここ数年は小説や映画に見られる黒人女性のコミュニケーションに関して論文や発表を中心に研究を進めている。

教授・理学博士

横田 浩よこた ひろし

研究テーマ・領域
素粒子理論。宇宙初期・中性子星等の星の内部・素粒子の衝突実験等と関係している高温・高密度状態での相構造・相転移機構を熱場(ねつば)の量子論に基づきコンピュータを用いて研究している。

教授・博士(文学)

羅 東耀ら とうよう

研究テーマ・領域
現在、中国の近代化と農民の出稼ぎ、及び都市と農村との経済格差によって引き起こされた逸脱・犯罪を研究し、また日中言語の比較も研究している。

准教授・博士(人間科学)

丸田 健まるた けん

研究テーマ・領域
後期ヴィトゲンシュタイン哲学の解釈を通じて、人間の心について言語哲学的に考えてきた。最近は「人と物」をテーマに、物を参照しながら人間の在り方を考える研究もしている。

准教授・博士(経営学)

家禰 淳一やね じゅんいち

研究テーマ・領域
デジタル・ネットワーク社会においては、図書館におけるデジタル情報資源の提供、デジタル・デバイドを解消するための貧困層への情報リテラシーが課題となる。デジタル情報の図書館における利活用を研究している。

准教授・博士(文学)

山本 尚子やまもと なおこ

研究テーマ・領域
専門分野は英語学、言語学。特に語用論を研究領域とする。関連性理論という枠組みを用いて、トートロジー発話の解釈プロセスの解明を中心に、人と人が行うことばを用いたコミュニケーションがどのように成り立っているかを研究している。

准教授・博士(言語文化学)

横山 香よこやま かおり

研究テーマ・領域
ドイツにおけるテレビ、新聞、大衆文学などのメディア文化・ポピュラー文化を、その文化のなかで生きる人々の日常意識やアイデンティティとのかかわりから、また日本の文化的状況と比較しながら研究を行っている。

准教授・博士(理学)

吉田 光次よしだ こうじ

研究テーマ・領域
理論原子核物理。有限温度下での原子核の回転などの集団運動や物質の相転移現象、対称性の破れを、量子力学と場の理論、及び数値計算を駆使して研究している。

ページトップ