対象者別メニュー

ACADEMIC

学部・大学院

心理学科からのお知らせ

2017/11/01

インタビュー

株式会社ユナイテッドアローズで内定をいただいた心理学科4回生菊池沙映さんにインタビューしました。

菊池さん、おめでとうございます。

 

①菊池さんは就職活動に頑張ってこられましたね。もし、成功に導いたものがあるとすればどんなことでしょうか?これから就職活動に取り組もうとしている後輩にひとことお願いします。

 

とにかく、「自分に正直に素直になること!」だと思います。

企業を選ぶ際も、自分がしたいこと、得意なことをじっくり考えてエントリーシートを送りましたし、面接でも、全て自分がしてきたことや、志望動機も必死に私は、この企業のココが好きです!とかって伝えました。

 

卒業までにまだ半年ありますが、今までの大学生活を振り返ってみて、得られたものは何でしょうか?あるいは一番の思い出は?

 

高校生までと大学4年間で最も変わったことは、チャレンジ精神です。一番の思い出でもあり、自分が変わった時がオーストラリアへの短期留学です。

たくさんの経験をさせてもらったんですが、自分が動き出さないと、何もできなくて、その時にスタートする勇気が出来たと思います。

4年間の大学生活で、大切にしてきたこと、心がけてきたことはありますか?

  「出会い」です。おそらくこの4年間で最も多くの人と関わって、友達になったり、たくさんのことを教えて頂いたりしました。

これから奈良大学の心理学科に入学を考えている学生さんにアドバイスをするとしたら、どんなことを伝えたいですか?

 

心理を勉強すると相手のことを知る、じゃなくて自分のことについて考えられる機会がたくさんあり、その中でたくさんの成長がありました。私は奈良大学で心理を学べて良かったと思っています。

 

⑤将来の抱負をお聞かせください。

 

憧れの人に近づくことです。少し大きいですが 自分の店を持って、自分の力でたくさんの方と幸せな時間を共有したいです。そして、内定を頂いたユナイテッドアローズさんと次はビジネスとして関わらせて頂くことが抱負です!

 

 

しっかりと目標をもって社会に出ようとしている菊池さん、これからの活躍を期待しています。

一覧へ戻る

ページトップ