対象者別メニュー

ACADEMIC

学部・大学院

史学科からのお知らせ

2019/11/22

授業風景

奈良大学文学部史学科 外岡慎一郎ゼミ(日本中世史)の学外見学会がおこなわれました。

奈良大学文学部史学科 外岡慎一郎ゼミ(日本中世史)の学外見学会がおこなわれました。

 

参加者が定足数(過半数)に達したので、11月17日(日)に錦秋の京都にゼミ研修を実施しました。

 

午前中は東寺を訪れ、特別公開中の五重塔など諸堂と宝物館を見学しました。講堂の立体曼荼羅、宝物館の曼陀羅、弘法大師の年忌法要にかかる室町幕府奉行人奉書、明正天皇綸旨など、たっぷり2時間余かけての見学となりました。

 

京都駅周辺での昼食をはさんで、午後からは京都国立博物館で開催中の「佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美」を観覧しました。

若い学生にとっても、一生に一度の機会かもしれない貴重な機会。切断という悲劇を越えて、近代産業資本家の機知と見識、文化的資質に助けられて新たな命が吹き込まれた歌仙絵に、感動を禁じ得なかったのではないでしょうか。

 

学生たちも心地よい疲労感を湛えての帰路となりました。

一覧へ戻る

ページトップ