対象者別メニュー

ACADEMIC

学部・大学院

文化財学科からのお知らせ

2022/05/28

授業風景

学外授業で佐紀古墳群を巡見

 考古学概論Ⅰ・史料学概論Ⅰの第2回合同学外授業で佐紀古墳群を巡見しました。平城宮の北方の地域を東西に歩くと、佐紀古墳群の巨大古墳およびそれに伴う小さな古墳(陪冢)が次から次へと現れます。平城京の時代になると、平城宮の北側に松林苑という広大な苑池が設けられます。巡見では相原先生の説明を聞いて、奈良時代には遷都以前から存在した古墳が苑池の景観に取り込まれていたこと、今歩いている道が松林苑を囲む土塁の上に作られていることなどを確認しました。現在も古墳の周濠は農業用の貯水池として機能しています。歩きながら、古墳は築造後も様々な形での役割を果たしてきたことを学びました。
 
写真はコナベ古墳と、伝平城天皇陵、裏側(北側)から眺める平城宮大極殿です。

一覧へ戻る

ページトップ