対象者別メニュー

ACADEMIC

学部・大学院

文化財学科からのお知らせ

2022/02/25

授業風景

卒業論文・修士論文発表会

 相原ゼミでは、昨年に続き、4回生と大学院M2生による、卒業論文・修士論文の発表会を行いました。当初は、後期の演習授業最終日に実施予定でしたが、新型ウィルス拡大のため、急遽1月18日に繰り上げました。急な変更のために、全員揃うことができなかったのは残念です。
 この発表会は、論文の概要を発表するものですが、一番の目的は、在校生(3回生)に向けて、自らの経験を語ることです。研究テーマを決めたきっかけや、その研究方法、卒業論文の書き方、困ったときは相談しよう、卒論は事前に見てもらおう、など。また、学生生活での思い出や就職活動の経験、公務員試験のポイントなど。自らの経験を伝えることにより、在校生に少しでも役にたつようにすることです。しかし、一番多かった意見は、「もっと早く研究や卒論を始めればよかった!」「就活と卒論の同時平行は大変だ!」という話(これは毎年の恒例)。
 在校生は、メモを取りながら真面目に聞き入っていました。先輩たちの話に、何を感じたでしょうか? 「私もがんばろう!」「一年後は我が身?」などなど。
 そんなことをしながら、発表会は無事に終わり、最後には恒例の記念写真で締めくくりました(この時だけマスクをはずしています)。
 

一覧へ戻る

ページトップ