対象者別メニュー

News / Topics

ニュース・
トピックス

ニュース・トピックス

2020/05/02

お知らせ

WEB授業にアクセスする時間と通信トラブルへの対処方法

令和 2 年 5 月 2 日


学生の皆さん

 

 

学生支援センター 教務担当

 

WEB 授業にアクセスする時間と通信トラブルへの対処方法


 本学の WEB 授業の開始が、5 日後に迫ってきました。この文章では、WEB 授業へのアクセスの時間と、万が一、通信トラブルが発生した場合の対処の方法を、お知らせします。
 皆さんが WEB 授業に一斉にアクセスして通信容量が過大となると、通信が途絶えて、WEB 授業が続けられなくなってしまいます。それを避けるために、また、万が一、そうなった場合にどうするかを示した、重要なお知らせです。熟読しておいてください。

1.アクセスする時間
(1) 原則
 奈良大学ポータルサイトや e-Learning システムに掲示される教員の指示に従ってください。指示がなければ、以下のようにしてください。

(2)教材提示による授業
 WEB 授業の多くは、「教材提示による授業」で行われます。ポータルサイトや e-Learning システムで課題と教材が提示され、教材をダウンロードして読み、課題に答えたレポートなどの学修成果物を提出してもらう授業です。
 この授業へのアクセス時間は、授業時間帯に限らず、それ以後であれば、その日のうちのいつでも結構です。時間割で月曜日の1時間目に開講されている授業であれば、午前 9 時以降、その日のうちであれば、いつアクセスしても良い、ということです。
 ただし、1時間目が始まる午前 9 時頃、2時間目が始まる午前 10 時 40 分頃、3時間目が始まる午後 1 時頃、4時間目が始まる午後 2 時 40 分頃には、アクセスが集中し、本学のインターネット回線がパンクする可能性が高い時間です。この時間のアクセスは、極力、避けてください。 アクセス時間は、夕方でも、夜でも、結構です。

(3)リアルタイム遠隔授業
 授業時間帯にリアルタイムで授業が行われます。この授業を受講する学生には、教員の指示が、 必ず、ポータルサイトまたは e-Learning システムに掲示されます。それに従ってください。

2.通信が途絶えた場合の対処の方法
 授業中に通信が途絶えた時には、本学ホームページを閲覧してください。しばらくして、通信回線の現状や復旧の見込みが掲示されます。それを確認した上で、落ち着いて、静かに待っていてください。回線が復旧すれば、再度、そのお知らせが本学ホームページに掲示されますので、再び、アクセスしてください。もし、教員から連絡があった場合には、その指示に従ってください。教員 からの連絡は、Gmail によって行われますので、Gmail(zxxxxxxxx@tbox.nara-u.ac.jp)を利用できるよう、準備しておいてください。
 授業が中断しても、皆さんに不利益が生ずることはありませんので、安心してください。

一覧へ戻る

ページトップ