対象者別メニュー

News / Topics

ニュース・
トピックス

ニュース・トピックス

2018/01/29

お知らせ

「奈良大立山まつり」 に奈良大生が参加しました。

 平城宮跡(奈良市)で1年の無病息災を願う「奈良大立山まつり」が開催され、1月28日(日)の「大立山巡行」に本学学生21人が参加しました。

 「奈良大立山まつり」は、「造りものを身代わりとして厄を落とす」という奈良県内の風習、立山(たてやま)をもとに、平成28年から始まったイベントで、本学学生は、大立山(持国天、増長天、広目天、多聞天の四天王)をモチーフとした4基の山車が練り歩く「大立山巡行」で曳き手を務めました。おそろいの緑の法被(はっぴ)に身を包んだ学生は、スタッフの声に合わせて持国天の大立山を曳き、3日間にわたるおまつりの最後のステージイベントを盛り上げました。

 参加した学生は本学青垣祭実行委員会の有志メンバーで、昨年度も大立山の曳き手としてエントリーしましたが、雨天中止という不本意な結果となっていました。学生代表の社会学部心理学科2年岩下太樹さんは「昨年残念な思いをしたので、今年こそ大立山を曳きたい、とみんなで話し合い、参加を決めました。地域のまつりを盛り上げるお手伝いが出来て、また自分自身まつりを楽しめて、とても良い経験となりました。来年もまた参加したいです。」と感想を述べました。

 本学では、今後も地域の行事に参加し、地域振興に貢献して参ります。

 

一覧へ戻る

ページトップ