対象者別メニュー

News / Topics

ニュース・
トピックス

ニュース・トピックス

2017/08/28

お知らせ

「天平たなばた祭り」の『天平★星めぐり』で本学天文部が星空を解説!

本学天文部員と星のソムリエ 重信氏(写真右)

 

 8月25日(金)~27(日)に奈良市 平城宮跡で行われた「天平たなばた祭り」(主催:平城宮跡にぎわいづくり実行委員会、奈良県、奈良市)の天体観賞イベント『天平★星めぐり』(協力:株式会社ビクセン)で、総合社会学科3年生の村田詠士さんら本学天文部員がボランティアで解説役を務めました。

 古人(いにしえびと)が眺めたであろう平城宮跡の夜空を天体望遠鏡で楽しむ同イベント。3日間で8回実施し、各回定員50人分の整理券は、早い時間に配布が終了し大盛況でした。参加者は5名ずつのグループに分かれ、本学天文部員が1人1グループを担当、星のソムリエ重信 修氏[(株)ビクセン 企画部 イベント事業推進室 マーケティングディレクター]の総合説明・進行のもと、天文部員たちは来場者とコミュニケーションを図りながら、月や土星などの天体観望を進めました。また、史学科2年生の宮井さんを中心に調べた、天帝思想や、平城宮と北極星の関係についての解説も行い、平城宮跡でしか体験することのできない、特別な天体観望となりました。幅広い年齢層に、楽しく、わかりやすく、心に残るようにとの思いで行った本学天文部員の解説は、参加者に好評でした。

 今回のイベントは、本学学生がこれまでに積み上げてきた知識やプレゼン力を披露するとてもよい機会となり、また実際の体験の中で、いろいろなことに気付き、学ぶことが出来ました。今後も本学では、地域のイベントや活動に積極的に参加し、地域に貢献していきます。

 

開催前の望遠鏡調節の様子

 

一覧へ戻る

ページトップ