博物館ブログ

更新日:2021年09月09日(木)

企画展「東大寺龍松院 筒井家所蔵拓本展」は終了しました

企画展「東大寺龍松院 筒井家所蔵拓本展―大和古寺の国宝・重要文化財―」は閉幕しました。

 

会期途中に緊急事態宣言が発令されましたが、当館入館者数最多の3395人もの方にご覧いただくことができました。

そしてご来館いただいた皆様には、新型コロナウイルス感染拡大・防止にご協力いただき、誠にありがとうございました。

 

本企画展の開催につきまして、ご所蔵者の筒井寛昭長老をはじめ、多くの関係者の方々にご協力を賜りました。

この場を借りまして、厚く御礼申し上げます。

 

引き続き、奈良大学WEB令和館講座では、関根俊一 (当館館長・本学文化財学科教授)が本企画展の拓本を解説しています。ぜひご視聴ください。

 

講座に関するお問い合わせは、以下へご連絡ください。

奈良大学総合研究所(TEL 0742-41-9508)
平日9:00~16:30

奈良大学WEB令和館講座

http://www.nara-u.ac.jp/research/area/lec_public/

 

そして本企画展ではアンケート数が367件もありました。

皆様のご要望やメッセージは企画展担当者、学芸員がすべて読みました。

ご回答いただいた皆様に、厚くお礼申し上げます。

これからもアンケートにご協力をお願いいたします。

 

次回の展覧会は10月下旬を予定しています。

現在準備を進めています。

どうぞ楽しみにお待ちください。

 

更新日:2021年08月05日(木)

企画展の講座を開催します

奈良大学が主催するWEB令和館講座が始まります。

 

第1回目は、当館で開催している「東大寺龍松院 筒井家所蔵拓本展―大和古寺の国宝・重要文化財―」を取り上げます。

講座については、以下のとおりです。

 

講座名:「拓本でみる大和古寺の国宝・重要文化財」 奈良大学博物館企画展「東大寺龍松院 筒井家所蔵拓本展」より

 

講師:関根 俊一(本学文学部文化財学科教授・当館館長)

 

概要:奈良大学博物館で展示されている筒井家所蔵の拓本(8月31日まで)は、今では採拓が不可能な大和古寺の国宝、重文クラスの仏像やその光背などを中心とした、きわめて貴重な拓本です。これらの拓本の鑑賞のポイントを、関根博物館館長が分かりやすく解説します。

 

 

講座に関するお問い合わせは、以下へご連絡ください。

 

奈良大学総合研究所(TEL 0742-41-9508)
平日9:00~16:30

奈良大学WEB令和館講座 http://www.nara-u.ac.jp/research/area/lec_public/

更新日:2021年08月03日(火)

図録の郵送について

企画展「東大寺龍松院 筒井家所蔵拓本展―大和古寺の国宝・重要文化財―」の図録をご紹介いたします。

 

本企画展では図録を発行しており、展示室で配布しています。

小冊子ほどですが、展示作品を多数掲載しております。

また展示している拓本をまとまって見られる資料として、大変貴重なものと言えるでしょう。

ご来館の際は、本企画展の記念としてぜひお持ち帰りください!

 

しかしながら、図録の郵送は対応しておりません。

遠方の方には、大変申し訳なく思っております。

ご来館が難しく本企画展の拓本を見たい方は、『月刊大和路ならら』という雑誌をご覧ください。

『ならら』5月号、6月号に本企画展を特集しています。

本企画展に展示している拓本がたくさん掲載され、解説も詳しく書かれています。

ご来館が難しい方は、『ならら』をご購入ください!

 

『ならら』のご購入方法につきましては、下記へお問い合わせください。

 

月刊大和路ならら ホームページ https://www.narara.co.jp/

■電話番号:0742-81-9734

■FAX番号:0742-81-9744

■受付時間:平日10:00〜17:00

■定休日:土・日・祝

更新日:2021年07月27日(火)

後期展示が始まりました!

企画展「東大寺龍松院 筒井家所蔵拓本展―大和古寺の国宝・重要文化財―」は、7月24日(土)より後期展示が始まりました!

 

後期展示では、以下の拓本を展示しています。

 

18-1 頭塔如来及両脇侍二侍者像(西・中央)

18-2 頭塔重層楼閣七尊像(南・中央)

18-3 頭塔如来及両脇侍二侍者像(東・中央)

19 唐招提寺扁額 

20 地獄谷石窟仏本尊像

22 南明寺釈迦如来坐像光背 

23-1 円成寺大日如来坐像光背表面 

23-2 円成寺大日如来坐像光背裏面

24 安養寺旧蔵阿弥陀如来及脇侍坐像光背

25 杜本神社狛犬

奈良市・史跡 頭塔

 

後期展示では、頭塔の石仏の拓本を展示しています。

頭塔の石仏は長年、風雨に曝されて見えにくくなっているものも少なくありません。

しかし拓本で見ると、奈良時代に制作された仏様の姿が見事に見てとれます。

展示室で、ぜひそのお姿をご覧ください!

 

奈良市・円成寺

 

柳生街道随一の名刹として知られる奈良市・円成寺には、鎌倉時代に制作された運慶20代頃の傑作として名高い「大日如来坐像」があります。

後期展示では、「大日如来坐像」の光背の拓本を展示しています。

華美な装飾はなくシンプルな光背ですが、現代に生きる私たちは、蓮の花の文様が洗練されたデザインに見えるかもしれません。

光背を見る機会はかなり少ないので、この機会にぜひご来館ください!

 

この他にもすばらしい拓本の数々を展示しています!

皆様のご来館を心よりお待ちしております!

 

 

「東大寺龍松院 筒井家所蔵拓本展―大和古寺の国宝・重要文化財―」

【期間】6月26日(土)~8月31日(火)

   〈前期〉6月26日(土)~7月21日(水)

   〈後期〉7月24日(土)~8月31日(火)

    期間中、一部の拓本は展示替えを行います。

【休館日】日曜日・祝日および8月13日(金)~8月18日(水)

【開館時間】平日:9時~16時30分、土曜日:9時~12時

【入館料】無料

【お問い合わせ】0742-44-1251

※開館日については『開館カレンダー』をご確認ください。

※本企画展の展示作品の写真撮影はご遠慮ください。

 

※ご入館に際し、事前予約は必要ありません。学外者(本学学生・教職員以外)の方は、本学正面にて検温と入構届の記入をお願い致します。

更新日:2021年07月12日(月)

前期展示は7月21日(水)までです!

 

現在開催中の企画展「東大寺龍松院 筒井家所蔵拓本展―大和古寺の国宝・重要文化財―」の前期展示終了まであと2週間ほどになりました。

 

前期のみ展示の作品は、以下の5作品です。

 

14-2 東大寺盧舎那仏台座蓮弁千葉釈迦佛

15  東大寺鐘楼梵鐘撞座

16  法隆寺鳳凰文浮彫光背

17  聖林寺十一面観音菩薩立像光背

21  興福寺板彫十二神将像

 

特に、「21 興福寺板彫十二神将像」は12幅すべて展示される機会が少なく、本企画展は貴重な機会です。

木目なども拓本では綺麗に見ることができます。

ぜひ、この機会に多くの方にご覧いただきたいです。

 

前期展示を見に行けない方も、ご安心ください。

後期展示には、非常に繊細優美な光背の拓本の数々をご覧いただけます。

前期展示をご覧になった方は、後期展示もぜひご覧ください!

 

皆様のご来館をお待ちしております!

 

 

「東大寺龍松院 筒井家所蔵拓本展―大和古寺の国宝・重要文化財―」

【期間】6月26日(土)~8月31日(火)

   〈前期〉6月26日(土)~7月21日(水)

   〈後期〉7月24日(土)~8月31日(火)

    期間中、一部の拓本は展示替えを行います。

【休館日】日曜日・祝日および8月13日(金)~8月18日(水)

【開館時間】平日:9時~16時30分、土曜日:9時~12時

【入館料】無料

【お問い合わせ】0742-44-1251

※開館日については『開館カレンダー』をご確認ください。

※本企画展の展示作品の写真撮影はご遠慮ください。

 

※ご入館に際し、事前予約は必要ありません。学外者(本学学生・教職員以外)の方は、本学正面にて検温と入構届の記入をお願い致します。

更新日:2021年06月26日(土)

企画展「東大寺龍松院 筒井家所蔵拓本展」の報道公開がありました

本日より企画展「東大寺龍松院 筒井家所蔵拓本展―大和古寺の国宝・重要文化財―」が始まりました。

開催するにあたり、昨日6月25日に企画展の報道公開を行いました。

東大寺龍松院 筒井寛昭 長老(右)と本学文化財学科 岡田 健 教授(左)

 

 

会場には所蔵者の筒井寛昭 東大寺長老がご来館されました。

そして報道関係者様も多くご来館いただき、興味深く展示をご覧いただきました。

 

※本企画展の展示作品の写真撮影はご遠慮ください。

【期間】6月26日(土)~8月31日(火)

   〈前期〉6月26日(土)~7月21日(水)

   〈後期〉7月24日(土)~8月31日(火)

    期間中、一部の拓本は展示替えを行います。

【休館日】日曜日・祝日および8月13日(金)~8月18日(水)

【開館時間】平日:9時~16時30分、土曜日:9時~12時

【入館料】無料

【お問い合わせ】0742-44-1251

※開館日については『開館カレンダー』をご確認ください。

※ご入館に際し、事前予約は必要ありません。学外者(本学学生・教職員以外)の方は、本学正面にて検温と入構届の記入をお願い致します。

更新日:2021年05月29日(土)

企画展「なつかしいモノたち」は終了しました

本日、企画展「なつかしいモノたち」は最終日を迎え、閉幕しました。

 

昨年のように臨時休館をすることなく、ご好評につき開催期間を延長することができ、多くの方にご覧いただくことができました。

またご来館いただいた皆様には、新型コロナウイルス感染拡大・防止にご協力いただきました。

誠にありがとうございました。

 

 

そして本企画展ではアンケート数が257件もありました。

皆様のご要望やメッセージは企画展担当者、学芸員がすべて読みました。

ご回答いただいた皆様に、厚くお礼申し上げます。

これからもアンケートにご協力をお願いいたします。

 

さて、次回の企画展は「東大寺龍松院 筒井家所蔵拓本展―大和古寺の国宝・重要文化財―」です。

 

東大寺龍松院・筒井家が所蔵する拓本のコレクションをご覧いただきます。

コレクションには、今では採拓ができない国宝や重要文化財の拓本が含まれています。

これまで一部の研究者などに知られていた筒井家の拓本のコレクションでしたが、公開された機会はほとんどありませんでした。

ぜひこの貴重な機会に多くの皆様にご覧いただきたいと思います。

 

現在、企画展開催にむけて準備を進めています。

どうぞ楽しみにお待ちください。

更新日:2021年05月26日(水)

企画展「東大寺龍松院 筒井家所蔵拓本展」開催のお知らせ

 奈良大学博物館では6月26日土曜日から8月31日火曜日にかけて、企画展「東大寺龍松院 筒井家所蔵拓本展-大和古寺の国宝重要文化財-」を開催致します。

 拓本は、凹凸のある造形作品や金石文などの上に、水で湿らせた紙や布を密着させ、その上から墨をタンポで打ちながら、対象物を写し採るもので、採った作品は拓影ともいい、実物大であるところから、かつては文化財修理や研究資料としても活用されました。

 今回展観するのは、東大寺龍松院・筒井家が所蔵するコレクションで、今では採拓が不可能な国宝、重文クラスの文化財の拓本が多く含まれ、以前から美術や歴史関係者には貴重なコレクションとして知られていました。今回は、それらの中から飛鳥時代から平安時代にいたる仏像、光背、装飾品など91点におよぶ作品を展示いたします。仏像の光背裏面や頭頂の化仏など、ふだんは見ることの難しい部分の拓本も多く、拓本を通して貴重な文化財に接して頂く良い機会になると思います。

 

【期間】6月26日(土)~8月31日(火)

    〈前期〉6月26日(土)~7月21日(水)

    〈後期〉7月24日(土)~8月31日(火)

    期間中、一部の拓本は展示替えを行います。

【休館日】日曜日・祝日および8月13日(金)~8月18日(水)

【開館時間】平日:9時~16時30分、土曜日:9時~12時

【入館料】無料

【お問い合わせ】0742-44-1251

※開館日については『開館カレンダー』をご確認ください。

※ご入館に際し、事前予約は必要ありません。学外者(本学学生・教職員以外)の方は、本学正面にて検温と入構届の記入をお願い致します。

更新日:2021年05月15日(土)

特別陳列「秋篠・山陵遺跡の遺物たち① ー古代瓦ー」終了のお知らせ

 当館入口にて開催しておりました、特別陳列「秋篠・山陵遺跡の遺物たち① ー古代瓦ー」は本日をもって終了させていただきました。多くの皆様にお越しいただき誠にありがとうございました。

 

 なお、展示室では現在に引き続き令和2年度企画展1「なつかしいモノたち」を開催いたしております。

5月29日(土)まで開催いたしますので皆様のご来館を心よりお待ちいたしております。

更新日:2021年05月11日(火)

【重要】「なつかしいモノたち」の会期を延長します!

ご好評いただいております令和2年度企画展1「なつかしいモノたち」の終了日を5月29日(土)に延長します。

すでに開館日としていた5月15日(土)以降も

5月17日(月)~5月22日(土)

5月24日(月)~5月29日(土)の期間開館させていただきます。

詳しくは当館ホームページ記載のカレンダーよりご確認ください。

皆様のご来館をお待ちしています。

 

※すでにホームページで公開しておりました「企画展終了まであと5日です!」の記事はタイトルと内容を改めて再度公開させていただきます。

 

※ご来館に際し、事前予約は必要ありません。学外からお越しの方(本学学生・教職員以外)は本学正面にて検温と入構証の記入をお願いいたします。また、今後の社会情勢により変更になる場合がございます。最新情報は当館ホームページよりご確認下さい。

1 2 3 4 5 6

前のページへ戻る
奈良大学
〒631-8502 奈良市山陵町1500  TEL. 0742-44-1251 / FAX. 0742-41-0650
ページの先頭へ戻る