博物館ブログ

更新日:2020年09月14日(月)

企画展再開のお知らせ

 新型コロナウイルス感染防止のため4月9日(木)より臨時閉館していましたが、9月19日(土)から再開館いたします。

 

 奈良大学博物館令和元年度企画展2として、「富山市・長松山本法寺(ほんぽうじ)蔵法華経曼荼羅図(ほけきょうまんだらず)の世界―描かれたくらし―」を再開いたします。

 富山市八尾町・本法寺の「法華経曼荼羅図」は、全部で22幅あります。鎌倉時代の貴重な文化財であり、第1幅は富山市指定文化財、第2~22幅は国重要文化財に指定されています。展示品は実物ではなく、高精細画像で撮影し出力した原寸大の複製です。複製の製作は、科学研究費助成事業「富山・本法寺蔵「法華経曼荼羅図」の総合的研究」(研究代表者:本学文化財学科原口志津子教授)によるもので、これによりモチーフや構図、全体的なプログラムなどの理解が大きく進むこととなりました。

 原本は鎌倉時代末期制作のものとされており、縦約190㎝、横約127㎝の大幅で、かつ22幅で一具という類例の無い作品です。

 『法華経』二十八品の内容が描かれている本作ですが、お経の内容を説明するよりも、そこに描かれている人々の営みに注目しました。

「富山市・長松山本法寺蔵 法華経曼荼羅図の世界―描かれたくらし―」

 

会期 2020年9月19日(土)~10月30日(金)

 

開館時間 9時~16時30分(土曜日は12時まで)

 

休館日 日・祝

臨時開館日 9月21日(月・祝)

※開館日については、『開館カレンダー』でご確認ください。

 

展示する法華経曼荼羅図の複製品は、NISSHAエフエイト株式会社橋本禎朗氏が撮影しました。展示品の撮影はできません。ご理解のうえ、よろしくお願い申し上げます。

 

皆様のご来館を心よりお待ちしております。

前のページへ戻る
奈良大学
〒631-8502 奈良市山陵町1500  TEL. 0742-44-1251 / FAX. 0742-41-0650
ページの先頭へ戻る