博物館ブログ

更新日:2018年07月07日(土)

奈良市巡回ミニ展示が始まりました

奈良市埋蔵文化財センターと本館が共催する、巡回ミニ展示「奈良を掘る5 陶棺に納められた副葬品」が7 月4日(水)から始まりました。

第五回目の今回は、「横穴墓と陶棺」をテーマとして、陶棺から出土した副葬品に注目します。

 奈良市北西部では、陶棺を埋葬する横穴墓が多数見つかっていますが、これらは埴輪生産に関わった土師氏(はじし)の墓であると考えられています。今回の展示では、墓制や葬送儀礼の関係を考える上で重要な装身具や鉄器など、陶棺に納められた副葬品を紹介します。

 

赤田(あこだ)横穴墓群出土の耳環を一挙公開するほか、鉄器や玉類も展示しています。

 

奈良市巡回ミニ展示「奈良を掘る5 陶棺に納められた副葬品」は、7月4日(水)~7月31日(火)まで開催しています。

 

皆さまのご来館を心よりお待ちしております。

 

(0

前のページへ戻る
奈良大学
〒631-8502 奈良市山陵町1500  TEL. 0742-44-1251 / FAX. 0742-41-0650
ページの先頭へ戻る