博物館ブログ

更新日:2017年06月22日(木)

文化財の殺虫処理作業を体験

5月30日(火)に、山添村の企画展で展示していた古文書の殺虫処理作業が無事に終了しました!

 

殺虫処理作業は5月15日(月)3限目に、保存科学を担当されている魚島純一先生(本学文化財学科教授)の保存修復学特殊講義の時間に、学生の実習をかねて行いました。

当日は嘱託学芸員のOも同行させていただいただき、一緒に作業に立ち会いました。日頃学生さんたちがどのような講義を受けているのか、興味を持っていらっしゃる方も多いと思いますので、作業の様子を写真とともにお伝えします。

最初に魚島先生から殺虫処理方法についての説明を聞き、指導のもと、学生さんが作業を行いました。(今回は「ふくろうくん」と呼ばれる二酸化炭素殺虫処理バッグを使用した、二酸化炭素処理を行いました。)

座学だけでは分からないことも、実際にモノを扱い、体験して身についていくので、このような体験型の講義はとても贅沢で、学びが多い奈良大学らしいものだと思いました。

 

現在は7月3日(土)から始まる「奈良大学の考古力 -奈良県斑鳩大塚古墳と栃木県中根八幡遺跡(縄文)の調査-」展に向けて、展示作業を行っています。作業風景などは後ほどブログで紹介予定なので、楽しみにしていてください。

 皆様の来館を心よりお待ちしております。 

 

※学生さんの顔が写っていますが、事前に了承を得ています。

 

 (0)

前のページへ戻る
奈良大学
〒631-8502 奈良市山陵町1500  TEL. 0742-44-1251 / FAX. 0742-41-0650
ページの先頭へ戻る