博物館ブログ

更新日:2017年05月16日(火)

企画展が終了しました

 4月19日(水)の放課後、新1回生のために奈良大学で行われている「B棟ツアー」という見学会で、博物館に新一回生約15人と案内役である上回生の3人が来館しました。

 参加者は文化財学科の人が多く、事前に講義等で展示を見たことのある人がほとんどでした。

 

事前に得ていた知識や今回おこなわれた展示解説のことを学生同士で話し合っている姿が印象的でした。今回展示している古文書の形式や内容に対しての疑問をまず自身たちで考え、その後に学芸員に質問する見学態度は、大変好ましいものでした。

ひとつの資料から多くのことを読み取り、考える事の大切さや楽しさを感じてくれたと思います。

 博物館の資料室なども見て周り、博物館の施設自体の説明などもおこないました。初めてみる考古遺物に興味を示す人や美術品に興味を示す人など、色々な興味を持った人たちにこれから博物館を多く利用して頂きたいと思います。

 

 山添村教育委員会の方々、山添村毛原地区の方々、奈良市文化財調査センターの方々など様々な方のご協力をいただき、奈良市文化財調査センターと共催の巡回ミニ展示「奈良を掘る2 離宮と相撲」と、企画展「古文書に見る近世・近代の暮らしと社会-奈良県山添村毛原地区の資料から-」展は、無事開催が終了いたしました。改めまして感謝御礼申し上げます。

最後に展示担当者の村上紀夫先生(本学文学部史学科准教授)から企画展に関する御挨拶をいただきましたので、紹介させていただきます。

この度は、学内はもとより県内外から大勢の方にご見学いただくことができました。ご来場いただき、誠にありがとうございました。また、展示にご協力をいただきました山添村の皆様にお礼申し上げます。

史学科では、これからも史料の調査を続けてまいります。

 

次回の奈良大学博物館企画展は「奈良大学の考古力-奈良県斑鳩大塚古墳と栃木県中根八幡遺跡(縄文)の調査-」が7月3日(月)から開催されます。どうぞご期待下さい。

(A)

前のページへ戻る
奈良大学
〒631-8502 奈良市山陵町1500  TEL. 0742-44-1251 / FAX. 0742-41-0650
ページの先頭へ戻る