博物館ブログ

更新日:2021年10月07日(木)

企画展「東大寺龍松院 筒井家所蔵拓本展」の展示風景

前期展示の様子

 

企画展「東大寺龍松院 筒井家所蔵拓本展―大和古寺の国宝・重要文化財―」は閉幕しましたが、奈良大学WEB令和館講座では、関根俊一( 本学文化財学科教授・当館館長)が本企画展の拓本の鑑賞のポイントを分かりやすく解説しています。11月5日まで視聴していただけますので、ぜひご覧ください。

 

動画内では、後期展示の様子を撮影しています。

本ブログでは前期展示の様子を写真で紹介します。

 

興福寺十二神将像

 

左から、聖林寺十一面観音菩薩立像光背・法隆寺鳳凰文浮彫光背・東大寺鐘楼梵鐘撞座・東大寺盧舎那仏台座蓮弁千葉釈迦佛

前のページへ戻る
奈良大学
〒631-8502 奈良市山陵町1500  TEL. 0742-44-1251 / FAX. 0742-41-0650
ページの先頭へ戻る