博物館ブログ

更新日:2021年07月27日(火)

後期展示が始まりました!

企画展「東大寺龍松院 筒井家所蔵拓本展―大和古寺の国宝・重要文化財―」は、7月24日(土)より後期展示が始まりました!

 

後期展示では、以下の拓本を展示しています。

 

18-1 頭塔如来及両脇侍二侍者像(西・中央)

18-2 頭塔重層楼閣七尊像(南・中央)

18-3 頭塔如来及両脇侍二侍者像(東・中央)

19 唐招提寺扁額 

20 地獄谷石窟仏本尊像

22 南明寺釈迦如来坐像光背 

23-1 円成寺大日如来坐像光背表面 

23-2 円成寺大日如来坐像光背裏面

24 安養寺旧蔵阿弥陀如来及脇侍坐像光背

25 杜本神社狛犬

奈良市・史跡 頭塔

 

後期展示では、頭塔の石仏の拓本を展示しています。

頭塔の石仏は長年、風雨に曝されて見えにくくなっているものも少なくありません。

しかし拓本で見ると、奈良時代に制作された仏様の姿が見事に見てとれます。

展示室で、ぜひそのお姿をご覧ください!

 

奈良市・円成寺

 

柳生街道随一の名刹として知られる奈良市・円成寺には、鎌倉時代に制作された運慶20代頃の傑作として名高い「大日如来坐像」があります。

後期展示では、「大日如来坐像」の光背の拓本を展示しています。

華美な装飾はなくシンプルな光背ですが、現代に生きる私たちは、蓮の花の文様が洗練されたデザインに見えるかもしれません。

光背を見る機会はかなり少ないので、この機会にぜひご来館ください!

 

この他にもすばらしい拓本の数々を展示しています!

皆様のご来館を心よりお待ちしております!

 

 

「東大寺龍松院 筒井家所蔵拓本展―大和古寺の国宝・重要文化財―」

【期間】6月26日(土)~8月31日(火)

   〈前期〉6月26日(土)~7月21日(水)

   〈後期〉7月24日(土)~8月31日(火)

    期間中、一部の拓本は展示替えを行います。

【休館日】日曜日・祝日および8月13日(金)~8月18日(水)

【開館時間】平日:9時~16時30分、土曜日:9時~12時

【入館料】無料

【お問い合わせ】0742-44-1251

※開館日については『開館カレンダー』をご確認ください。

※本企画展の展示作品の写真撮影はご遠慮ください。

 

※ご入館に際し、事前予約は必要ありません。学外者(本学学生・教職員以外)の方は、本学正面にて検温と入構届の記入をお願い致します。

前のページへ戻る
奈良大学
〒631-8502 奈良市山陵町1500  TEL. 0742-44-1251 / FAX. 0742-41-0650
ページの先頭へ戻る