ページ内を移動するためのリンクです。

これまでの全国高校生歴史フォーラムとは

ここからメインコンテンツです

審査方法

審査の流れ

研究レポート締め切り

201796日(水)当日消印有効
研究レポート募集概要をご覧の上、地域の歴史や地理、史跡、文化財、文学、人物などに関する研究レポートを郵送にて、ご応募ください。

審査

審査委員による厳正な審査の上、「優秀賞」「佳作」「奈良賞」を決定します。
受賞者には記念品と賞状を授与します。
※「奈良賞」については該当者なしの場合もあります。

受賞者(グループの場合は代表者)に、2017年11月18日(土)午後より奈良大学で行われる研究発表・表彰式で研究発表をしていただきます。
その後、伝統的な町並みを伝える奈良町で宿泊し、翌11月19日(日)の午前中に、奈良大学の教員と一緒に古都・奈良の文化財を巡る現地見学に出かけ、奈良でしか体験できない地域資源の魅力に触れていただきます。
※本フォーラムへの参加費用(旅費・宿泊費)は、3名分(教員1名、代表者2名)まで奈良大学が負担します。(宿泊施設は本学指定のものとします。)
※優秀賞受賞レポートは、フォーラム終了後、発表資料集として冊子にまとめます。
今回より新設された賞です。奈良の歴史や地理、史跡、文化財、文学、人物などに関する研究を行い、優れたレポートをまとめた個人またはグループに授与します。
※奈良賞は独立した賞とし、優秀賞(学長賞、知事賞)と重ねて授与することがあります。

応募者全員に参加賞として発表資料集等をプレゼントします。
※本フォーラム終了後、高等学校宛に送付します。

審査の結果通知

20171013日(金)
審査の結果を奈良大学や奈良県「なら記紀・万葉」ホームページで発表。
奈良に招待させていただく優秀賞受賞者(グループの場合は代表者)には個別に高等学校(担当の先生)へ連絡いたします。
※審査内容についてのお問い合わせには応じることができませんのでご了承ください。

第11回全国高校生歴史フォーラム

20171118日(土)~
研究発表・表彰式 奈良大学にて
  • 研究発表/学長賞、知事賞の決定
    本学教員 特別講演
    表彰式
    ※一般の方も観覧自由です。
    (研究発表・表彰式終了後)
    交流会(招待者のみ)
    奈良町での宿泊体験(招待者のみ)
  •  
    20171119日(日)
    午前中に古都・奈良の文化財を巡る現地見学を行います。(招待者のみ)

    審査委員

    清水 哲郎
    奈良大学 学長・消費経済学、食料経済学、審査委員長
    関根 俊一
    奈良大学 副学長・美術史学
    小林 青樹
    奈良大学 教授・考古学、実行委員長
    池田 安隆
    奈良大学 教授・自然地理学
    新宮 一成
    奈良大学 教授・精神医学、精神分析学
    土平 博
    奈良大学 教授・歴史地理学
    中原 洪二郎
    奈良大学 教授・国際社会学・社会意識論
    木田 隆文
    奈良大学 准教授・日本近現代文学
    森川 正則
    奈良大学 准教授・日本近現代史
    山崎 岳
    奈良大学 准教授・中国近世史
    山本 尚子
    奈良大学 准教授・英語学、言語学
    松本 大
    奈良大学 講師・日本中古文学
    門司 雅之
    奈良県教育委員会事務局学校教育課指導主事

    このページの先頭へ