対象者別メニュー

ACADEMIC

学部・大学院

総合社会学科からのお知らせ

2021/04/27

ニュース

総合社会学科の学生が企画した商品が4月26日付産経新聞で紹介されました!

 総合社会学科の学生が企画した商品が4月26日付の産経新聞(奈良版)に掲載されました。

記事では、「社会体験実習」の一環として、奈良の土産物ショップ「絵図屋」とのコラボレーションにより学生が企画したトランプ、マスクケース、トートバッグが紹介されています。

 

 総合社会学科では2年次の必修科目「社会体験実習」で、企業やNPO法人、社会福祉法人等と連携し学外活動を行います。昨年度の社会体験実習は、新型コロナウイルス感染症の流行により、活動が制限される中での実施となりました。

 絵図屋プロジェクト(担当教員:領内修教授[企業財政])は、当初、株式会社明新社が事業展開している土産物屋絵図屋での体験実習を予定していましたが、学外での実習が困難なことから、同店で販売するコラボレーション商品の開発と販促企画を行いました。2年生(当時)14人と先輩ボランティア3人が3つのチームに分かれて活動し、学生ならではのアイデアが詰まった「ならンプ(トランプ)」、マスクケース、トートバッグを作りました。商品は絵図屋(奈良市もちいどのセンター街)で販売中で、絵図屋オンラインショップでも購入できます。

(参考)絵図屋ホームページ URL http://www.ezuya.jp/ (外部リンク)

 

「ならンプ」(2020年2月撮影)

 

「マスクケース」(2020年2月撮影)

 

「トートバッグ」(2020年2月撮影)

一覧へ戻る

ページトップ