対象者別メニュー

ACADEMIC

学部・大学院

総合社会学科からのお知らせ

2020/12/16

ニュース

「社会体験実習」で奈良大学PR用のマスクを製作!

 

 「社会体験実習」の一環として、奈良の土産物ショップ「絵図屋」とのコラボレーションにより学生が企画したマスクが完成し、12月16日に学生代表が入学センターに納品しました。一般販売は予定しておらず、奈良大学の広報ツールとして、高校生などに配布予定です。

 

 

 総合社会学科では2年次の必修科目「社会体験実習」で、企業やNPO法人、社会福祉法人等と連携し学外活動を行います。この活動では、1年生の間に大学で学んだことを世の中に活かすこと、学外活動で体験したことを大学での学びに活かすこと、そして学外活動で得られた教訓や疑問をディスカッションやプレゼンテーションを通じて他の学生と共有することが求められます。今年度は8つの企業や法人等にご協力いただき、学生が1年間の活動を行っています。

 

 

 株式会社明新社が展開する土産物ショップ「絵図屋」を実習先とする「絵図屋プロジェクト」では、同ショップで扱っていただく商品とそのPR方法を企画します。担当教員の領内修教授と講師の松浦一葉氏(株式会社明新社 企画営業部クリエイティブソリューション課)、そして有志の学生ボランティア4年生3人、3年生1人のサポートのもと、14人の2年生が3つのグループに分かれて活動しています。2月には、学生が企画した商品が販売される予定です。

 

 

 本来の活動と並行して立ち上げたのがマスクの企画です。奈良大学のPRツールとして活用してもらおうと、「絵図屋プロジェクト」の学生とサポート学生の18人全員で色やデザインなどを検討しました

 

 

一覧へ戻る

ページトップ