対象者別メニュー

ACADEMIC

学部・大学院

総合社会学科からのお知らせ

2019/03/01

ニュース

「社会体験実習」で制作の番組試写会を行いました!

 2月28日(木)に、社会学部共同研究室にて、「社会体験実習」で学生が企画・制作した番組の試写会を行いました。ご指導いただいた近鉄ケーブルネットワーク株式会社(KCN)の植田一宏様と制作に携わった学生たち、担当教員の芹澤知広教授をはじめとする総合社会学科の教員と光石亜由美入学センター長(国文学科教授)が出席し、完成した番組を投影して体験実習のふり返りを行いました。

 「社会体験実習」は総合社会学科2年次の必修科目で、大学で学ぶことの社会的価値を認識し、学びに対する明確な目標意識と主体性を培うことを目的として、ご協力いただいている企業、自治体、NPO法人などで学生が学外活動を行っています。また第一線で活躍されている方を講師に招いてお話を伺うこともあります。KCN様には2011年度より体験実習先としてご協力・ご指導いただいており、毎年学生が番組を制作させてもらっています。2019年が本学創立50周年であることから、2018年度は「奈良大学」を題材に2つの番組を制作しました。「奈良大学博物館」は4月に、「奈良大学図書館」は5月に、KCNチャンネル(ケーブルテレビ)にて放映予定です。

 

学生制作番組「奈良大学博物館」(タイトル画面)

学生制作番組「奈良大学図書館」(タイトル画面)

 

試写会後に「ふり返り」を行う植田様(写真右)と学生たち

 

 

一覧へ戻る

ページトップ