対象者別メニュー

ACADEMIC

学部・大学院

社会学部 心理学科カリキュラム

学びのプロセス

“こころ”について深く学び、人と人のかかわり方、人と社会のかかわり方を考えます

心理学の基礎から学びを進め、メンタルヘルスなどの問題にアプローチする「臨床心理学」と、社会との関係から“こころ”の働きにアプローチする「社会心理学」の2つの分野で、「個」と「社会」の両面から人の“こころ”に迫るとともに、実社会で広く活用できるスキルを身につけます。


学びのポイント

1

現代に生きる「人間」への理解を深める

社会的な問題と密接に関連する臨床心理学と社会心理学を中心とした幅広い領域で、現代社会に生きる人の「こころ」を捉えます。

2

「こころ」を測る技法を身につける

実験、調査、面接などの確かな方法論を用いて、複雑な人間の心理を客観的、科学的につかみます。

3

広く社会で役立つスキルを磨く

実験や調査で行うデータ解析の技術や、カウンセリング実習などで養われるコミュニケーション能力など、社会で役立つスキルを身につけます。

「臨床心理学コース」と「社会心理学コース」

臨床心理学コース

人を理解し、支援するためには、理論を学び、専門的なスキルを身につける必要があります。カウンセリングや心理テストの授業では、少人数で丁寧な実習指導により、体験から学ぶことができます。さらに3年生では、社会との関係で心理学がどう生かせるのか学びます。

社会心理学コース

私たちはいつも友人、家族、マスメディアなど、社会との関係の中でいろいろなことを感じ、考えています。社会心理学コースでは、社会関係の中に埋め込まれた“こころ”の働きに、調査や実験といった実証的手法を使ってアプローチします。

学びのフィールド

こころの実験室

実験を用いた多くの心理学の研究から、私たちの行動は、自分自身では気づかないさまざまな要因に影響されることが分かっています。心理学では、少しずつ違う状況をいくつか用意し、そのなかで人々がどのように振る舞うかを調べる、といった実験を通じて、科学的に私たち自身も気づいていない心の働きを探っています。

臨床と社会

ひと口に心理学といっても、その領域にはさまざまなものがありますが、なかでも本学は「臨床心理学」と「社会心理学」の2つの分野に重点を置いています。この2つは心理学のなかでも応用的といわれる分野で、「研究で分かったことを現実の社会の問題解決にどのように生かすか」という点に特に力を入れています。

カウンセリング

多くの人がこころに悩みや問題を抱えているのが現代の特徴です。将来どんな職業やライフスタイルを選択するにせよ、自分や周囲の人の悩みに対応できるようになることが広く求められています。心理学科では、カウンセリングの技法や精神を体系的に学修します。

心理アセスメント

自分でも気づかない自分の性格やこころの深層。心理検査は、ロールシャッハテストやTATなどの投映法検査、またTEGや各種の質問紙検査を用いて、その人の性格やこころの内面を理解しようとするもので、臨床場面では欠くことはできません。知能検査や人格検査、作業検査など、さまざまな心理検査(アセスメント技法)を習得して、こころの理解を深めます。

質問紙調査法

たくさんの人のこころの全体的な特徴が知りたいとき、どうしたらよいでしょうか? 一つの方法は、その人たち全員に同じ質問をして、その回答をまとめることです。しかし、人は質問に答えるときに見栄を張ってしまうなど、いつも考えていることをそのまま答えてくれるとは限りません。ホンネを引き出すための、知りたいことを「測る」技術を、実習を通じて身につけます。

体験学習

心理学では、教科書や講義から得られる知識の学習だけではなく、さまざまな体験学習を通して、知識を確かなものとして身につけていくことが必要です。そのため、実習や演習で学びを深めていくことが重要です。教室を飛び出して、現場で話を聞き、活動の実際に触れて実践的に学びます。

実験機器やコンピュータを使って
こころの仕組みに科学的に迫る

実習を通して
イメージの世界を表現する

学外実習で、心理学が社会で
どのように生かされるのかを考える

ページトップ