対象者別メニュー

ACADEMIC

学部・大学院

国文学科からのお知らせ

2016/03/17

授業風景

海外研修@台湾(1)淡江大学・東呉大学との交流

3月13日(日)から16日(水)まで、下記のスケジュールで、13名の学生とともに台湾へ行ってきました。


【研修日程】
 3月13日(日)関西国際空港(出国)―台湾桃園国際空港―龍山寺―西門周辺
 3月14日(月)台湾総統府―淡江大学―淡水周辺
 3月15日(火)故宮博物院―東呉大学―士林周辺
 3月16日(水)台湾桃園国際空港―関西国際空港(帰国)
 

海外研修は国文学科として初めての試みでしたが、想像していた以上に収穫が多かったように思います。まずは台湾の大学との交流についてお伝えします。

今回の研修の目的は、台北市にある淡江大学・東呉大学との交流です。

両大学ともに日本語教育が盛んで、どの学生も流暢な日本語を話していたことが印象的でした。

2日目に訪れた淡江大学では、李文茹先生の授業で「台湾と日本の文化のちがいを探せ!」と銘打った交流会を企画しました。

奈良大生と淡大生がグループに分かれて、それぞれの国の文化の違いを話し合い、グループごとに発表をおこなうというもので、普段はおとなしい奈良大生ですが、積極的にコミュニケーションをとっていたことには、大変驚かされました。

翌日に訪れた東呉大学では、蘇克保先生のお力添えで、長田正民先生・後藤晃先生・内田櫻先生の授業で、それぞれ交流会をおこないました。

今回は、奈良大生が3つのグループに分かれ、各グループが1つの授業を受けて、東呉大生との交流を深めるというものでした。

 

同世代ということもあって、学生たちは生活習慣・趣味などの話で大いに盛り上がり、早速LINEで「友だち登録」をしていました。
 

一覧へ戻る

ページトップ