対象者別メニュー

ACADEMIC

学部・大学院

地理学科からのお知らせ

2019/03/16

ニュース

本学学生の優秀卒論発表(日本地理教育学会、2019年3月15日)

2019年3月15(金)に早稲田大学で開催された全国地理学専攻学生卒業論文発表大会(日本地理教育学会)では、本学地理学科からも優秀な卒論2本を発表しました。

 

第2会場の午後最初の発表(13:00~13:20)として、

 上堂泰輔(地理学科4年生) 「八重山諸島と薩摩硫黄島における外来事象の受容性」

では、立派な発表の後、島での調査を続けてこられた先生方から、多くの有益なコメントをいただきました。いただいたコメントを参考に、上堂君は4月から鹿児島大学大学院修士課程で研究を続けていきます。

また、同じ第2会場の最後(15:40~16:00)の発表、

 時枝 稜(地理学科4年生) 「2022年高等学校「地理総合」必修化におけるGISの活用と課題」

では、しっかりした発表の後、参加された先生方からのコメントを多くいただきました。
時枝君は4月から大分県で学校の先生になります。

なお、日本地理教育学会への発表参加には、奈良大学後援会から旅費の補助をいただきました。優秀な学生に貴重な経験をする機会を与えて下さいまして、ありがとうございました。

一覧へ戻る

ページトップ