対象者別メニュー

ACADEMIC

学部・大学院

文化財学科からのお知らせ

2022/04/26

授業風景

文化財演習Ⅰの講義で明日香巡見を行いました

 2022年4月24日(日)、2年生の必修科目「文化財演習Ⅰ」の明日香巡見を行いました。この講義は、現地巡見とともに、班別にテーマを決めて研究を行うもので、学生が文化財に身近に接するとともに研究発表の基礎力を身につけることを目的としています。
 コロナウイルス感染症対策として考古学A・考古学B・史料学のグループは飛鳥駅から、保存科学・美術史学のグループは橿原神宮前駅から分散してスタートし、欽明天皇陵・猿石・カナヅカ古墳・鬼の雪隠と俎、天武・持統天皇陵・亀石・川原寺・飛鳥宮跡・酒船石・飛鳥池工房遺跡・飛鳥寺・入鹿の首塚・水落遺跡・石神遺跡・豊浦寺など、盛りだくさんの史跡を巡りました。生憎の雨のため、一部ルートを変更し行程を短縮して安全の確保につとめながら、各グループは約6㎞の道のりを歩いて橿原神宮前駅、飛鳥駅に無事に到着、解散となりました。
 学生たちは、今回の現地見学の体験をもとに班ごとに研究発表のテーマを絞り、5月後半には再度明日香村を訪れ、より深く飛鳥の歴史を調べることとなります。次回はお天気に恵まれますように!

一覧へ戻る

ページトップ