対象者別メニュー

ACADEMIC

学部・大学院

文学部 文化財学科カリキュラム

学びのプロセス

遺跡や博物館に出かけ、ホンモノに触れる学び贅沢な講義・実習を重ね、文化財の専門職になる夢をかなえる

考古学・美術史学・史料学・保存科学の各分野でホンモノに触れながら、基盤となる知識・スキルを学びます。
オフ・キャンパスでの研究活動も活発で、発掘調査や海外での文化財調査なども展開しています。


学びのポイント

1

ホンモノを題材に研究する

奈良県にある3つの世界遺産を始めとする数えきれないほどの第一級の歴史資料が教材。
ホンモノの文化財を使った研究を行います。

2

実証主義で文化財を科学する

文化財学科では、各分野の研究に役立つ最新鋭の優れた調査機器や分析装置を導入。
科学の目で文化財を解き明かす力を養います。

3

幅広い領域で文化財学を学ぶ

考古学、美術史学、史料学、保存科学を柱とした本学独自の文化財学を幅広く学び、
色々な手法を駆使して文化財に迫ります。

学びのフィールド

「考古学」「美術史学」「史料学」「保存科学」の4 つのコースで構成。
文化財防災・レスキュー、文化財マネジメント、世界遺産、博物館などに関する実践力を身につけられます。

考古学コース

「考古学」は、遺跡や遺物から過去の人々の生活を復元する学問です。実際に遺跡を発掘し、出土した土器や石器などのホンモノを自らの手で取り扱い、考古学専門職・学芸員に必要なスキルを身につけます。

美術史学コース

「美術史学」は、絵画・彫刻・工芸などの作品を対象に、その成立の背景、時代ごとの造形表現の特色、制作技法の変遷などを考察する学問です。授業では展覧会や社寺の見学を組み入れ、積極的に実物を観察する機会を設けています。

史料学コース

「史料学」は、文化財に残された文字を通じて、歴史を研究する学問です。木簡、金石文、古文書、書籍など、さまざまな文字史料に向き合い、先人たちが後世へ伝えようとしたメッセージを読み取り、その声なき声に迫ります。

保存科学コース

「保存科学」は、文化財の材質や技術を調べ、環境の変化から文化財を守る学問です。文化財保存のための技術や理論を学び、分析機器や薬剤を使った実習を行い、文化財を未来に伝えるための実践的な技術を身につけます。

文化財防災・レスキュー

阪神淡路大震災・東日本大震災の後には文化財レスキューが活動しました。生命や生活の確保と同時に、文化財を通した文化の復興も重要です。文化財を活用した防災・減災の事例やレスキューの方法を学び、地域の文化の復興に役立てる経験と知識を身につけます。

文化財マネジメント

文化財は過去の人々の営みを伝える貴重なもので、将来にわたって守り伝えていく必要があります。多様な文化財にふさわしい保存のあり方と、そのすばらしさを地域づくりなどに生かす方法を、奈良の文化財を取りまく制度や環境を学びつつ、実地に即して考えます。

世界遺産

世界に1000件以上ある世界遺産ですが、豊かな歴史と文化に恵まれた奈良には、法隆寺や古都奈良、紀伊山地の霊場と参詣道という日本屈指の世界遺産があります。世界遺産の遺跡・文化財としての価値や、それらを未来に伝える仕組みや制度について学びます。

博物館

博物館や美術館では、文化財を収集して保管し、調査・研究して展示します。今日では、生涯学習の重要性が増すなかで、体験学習やセミナーなどの場としての役割も求められています。こうした文化財の活用を展示や博物館の諸活動のなかで考えていきます。

測量器で遺跡を立体的にとらえる

屏風を熟読する実習

史料を読み解くことを学ぶ

分析装置を利用しての実習

ページトップ