歴史を学ぶなら 本物に出会える奈良で

「好き」を広める。「好き」が広がる

国文学科

好きを広める好きが広がる

文学との出会い、
そして新しい言葉の世界へ

歌や物語として、先人たちが伝承してきた薫り高き日本の文学の数々…。
その背後にあった古来の人々の命の輝きや深い洞察、遊び心やユーモア、さらには古典を踏まえた現代の言葉や文学。それらを巡る文化の華やぎなどについて系統的に学び、人生の礎となる自らの言葉の世界を確立するための知性と人間性を育みます。

学びのフィールド

日本語

日本語の音声や文字、語彙や文法を構成する要素とその体系を詳しく学び、言語とそれを取り巻く状況を広く理解できる力を養います。

古典文学

『万葉集』『源氏物語』『平家物語』『おくのほそ道』など、日本文学の本流ともいうべき古典文学を、専門的な切り口で読み解きます。

近現代文学

漱石、鷗外、芥川といった文豪から、忘れ去られた作家まで、作品、メディア、思想、風俗などあらゆるアプローチで迫ります。

表象文化

映像・漫画・広告・演劇・音楽などを素材に、言葉を巡る現代文化の多様性と、次世代の言語表現の可能性を探ります。

出版文化

板木や板本といった“もの”に触れながら、出版文化に関する知識を学び、文学作品の受容と普及について考えます。

伝承文化

講義による伝承文化の理解に加え、歌舞伎・文楽の鑑賞など、〈体験〉を通して得ることを重視しています。

岸江 信介 教授

教員メッセージ

日本のことばと文化に触れてみませんか。

教員メッセージ

国文学科では、上代から近代にいたる日本文学や、日本語のしくみや成り立ち、各地の方言などについて幅広く学ぶことができます。日本の古典文学作品や小説、日本語を専門的に学べるだけではなく、文学散歩を始めとした各種フィールドワーク、歌舞伎・能・狂言などの鑑賞会、言語調査など、体験的な学習の機会も多く、たいへんユニークな教育が展開されています。

日本の大学の中で有数の蔵書を誇る奈良大学図書館のもとで、日本語や国文学を存分に学んでみませんか。

文学部 国文学科
岸江 信介 教授
KISHIE Shinsuke
専門分野:国語学・方言学・社会言語学

Department of Japanese Literature

大学案内など入試情報および
資料請求はこちらから

史学科

好きを広める好きが広がる

歴史から学び、
未来をつくる力を育む

先人たちがいかに考え、どのように暮らし、何を感じ、どう生きていたのか。
祖先たちが脈々と積み重ねてきた歴史のなかには、21世紀を賢明に生き抜くための多くの知恵が眠っています。古都奈良という最高の学習環境のもと、そんな歴史のなかにいきいきときらめく人々の営みに触れながら、未来を築くための知恵と力を身につけます。

学びのフィールド

日本史

歴史は空想ではなくて、事実にもとづいて復元しなければなりません。そのためには、史料を正しく読み取ることが必要です。

世界史

漢文、中国語、英語、ペルシャ語、ギリシャ語など多様な言語の史料を読みときながら、各地域が相互につながり、展開するダイナミックな歴史を学びます。

史学会

授業とはひと味違うユニークな方法で、歴史ヘの興味を喚起し、体験から知識を深めています。

学外研修

3年生で演習(ゼミ)の所属が決まると、ゼミごとに学外に出て研修を行います。それぞれに専門とする研究領域に関係の深い史跡や文化財を体感します。

河内 将芳 教授

教員メッセージ

多彩な教員のもと、貴重な史料で、関心のある時代・分野の歴史を深く探求しましょう。

教員メッセージ

すべての国・地域、時代に対応できる教員がそろい、実物の史料も充実しています。私が専門とする時代であれば、例えば、中世や近世といった前近代に生きた人びとが書いた古文書や古記録など史料を一文字一文字丁寧に読み進めていくことで、現代とはまた異なる生き方や考え方に触れることになります。

そのような実感を踏まえて、過去に迫り、そして失われた過去を復元していく作業の難しさや楽しさを身につけていくことになります。どの国・地域、時代であっても、史料に触れながら当時のリアルな姿に迫っていく面白さを味わってほしいと思います。

文学部 史学科
河内 将芳 教授
KAWAUCHI Masayoshi
専門分野:日本文化史

Department of History

大学案内など入試情報および
資料請求はこちらから

地理学科

好きを広める好きが広がる

自然現象や人間活動を総合的に捉え、
地域の問題を解決する

風景、風土、気候、歴史や文化、人々の暮らし、産業など、さまざまな現象や条件から人と自然の特性を探り出し、時空間の地域の姿を描いていきます。
また自然災害への対応や、コンピュータを用いて地図情報と地域情報を統合的に扱う地理情報システム(GIS)など、高度情報化社会において注目される領域も地理学。未来を考えていくうえで欠くことのできない学問分野です。

学びのフィールド

地域創生コース

諸地域の特徴を学び、まちづくり・まちおこしによる地域活性化について考えます。

歴史・文化コース

絵図や古地図などを使って、過去の人々の暮らしでみられた空間的な位置関係を学び、地域における文化の特徴について考えます。

地域環境・防災コース

地形や気候など自然環境に関する知識を学び、里山や平野など、人々の生活する地域の自然環境について考えます。

空間データサイエンスコース

地理情報システムなどを使用した空間解析手法を学び、結果をわかりやすく伝えるプレゼンテーション能力を身につけます。

稲垣 稜 教授

教員メッセージ

地理的な視点で、様々な地域の実態に関心を持ってください。

教員メッセージ

奈良大学地理学科は、「地理学科」を標榜する西日本唯一の学科です。それゆえ、自然、人口、都市、農村、歴史、交通、情報など、あらゆる地理分野をカバーする教員が在籍しています。

また、地理資料、地図資料も豊富に存在し、地理を勉強するのにふさわしい十分な環境を整えています。これらを活用すれば、社会で通用する地理的な洞察力を身につけることが可能になります。

文学部 地理学科
稲垣 稜 教授
INAGAKI Ryo
専門分野:都市地理学・人文地理学

Department of Geography

大学案内など入試情報および
資料請求はこちらから

文化財学科

好きを広める好きが広がる

ホンモノに触れて学び、
守り、生かし、後世へ伝える

世界遺産や国宝の宝庫、奈良でこそ学べる文化財学。全国最多の学芸員・文化財専門職員を輩出してきた実績。あなたを文化財のスペシャリストに育てます。

学びのフィールド

考古学コース

実際に遺跡を発掘し、出土した土器や石器などのホンモノを自らの手で取り扱い、考古学専門職員・学芸員に必要なスキルを身につけます。

美術史学コース

授業では展覧会や社寺の見学を組み入れ、積極的に実物を観察する機会を設けています。

史料学コース

木簡、金石文、古文書、書籍など、さまざまな文字史料に向き合い、先人たちが後世へ伝えようとしたメッセージを読み取り、その声なき声に迫ります。

保存科学コース

文化財保存のための技術や理論を学び、分析機器や薬剤を使った実習を行い、文化財を未来に伝えるための実践的な技術を身につけます。

関根 俊一 教授

教員メッセージ

文化財を広い視野で学び、実践力を身につけて、力強く実社会へ踏み出そう。

教員メッセージ

奈良大学の文化財学科では、考古学、美術史学、史料学、保存科学、博物館学など、広い視野から文化財を学びます。しかも学外の遺跡、博物館・美術館、社寺などでの発掘調査や文化財調査、遺物や作品の科学的な分析や保存処理など、いずれも実践的な学びが重視されます。

すでに700名以上の卒業生が文化財専門職や博物館学芸員として全国各地で活躍し、“奈良大文化財”の実力を証明しています。皆さんも先輩たちに続いて羽ばたいてください!

文学部 文化財学科
関根 俊一 教授
SEKINE Syun'ichi
専門分野:日本美術史・日本工芸史・仏教美術史

Department of Cultural Heritage Studies

大学案内など入試情報および
資料請求はこちらから

動画広告ギャラリー

  • 国文学科
  • 史学科
  • 地理学科
  • 文化財学科