対象者別メニュー

About Nara UNIVERSITY

大学案内

領内 修 教授

社会学部

RYONAI Osamu 領内 修 教授

  • 専門

    企業財政、金融改革、暗号資産& デジタルマネー(ブロックチェーン)

  • こだわり

    「起業しよう!」(ゼミ名)

  • 趣味・特技

    モーツァルト音楽鑑賞・オペラ鑑賞・旅行・グルメ

  • オススメ書籍

    岩崎夏海『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(『もしドラ』)、ピーター・ドラッカー『マネジメント』、佐々木 圭吾『みんなの経営学』

主な担当科目

学部 企業行動分析、経営学、経営管理論、企業倫理と消費者、演習、社会体験実習
大学院 経営学特論

経歴

1975年
  • 早稲田大学法学部卒業
2001年
  • 東京三菱銀行理事公共法人部長
2004年
  • 大日本スクリーン製造株式会社(現 株式会社SCREENホールディングス)理財担当役員就任
2009年
  • 同専務取締役就任
2014年
  • 同副会長就任
2015年
  • 同副会長退任、同志社大学大学院客員教授着任
2017年
  • 本学着任

主な著書・論文

            
著書
  • 『3つの近未来』(単著、かんき出版、2015年)
論文
  • 「もしドラのINTEGRITY」(『奈良大学紀要』 第48号、2020年)
  • 「ブロックチェーン研究」(『奈良大学紀要』 第47号、2019年)

現在の研究テーマについて教えてください

「暗号資産」は決済の変化を取り込み、第2ステージに入ってきた。デジタルマネーとして、大国の決済覇権闘争の手段になりつつもある。技術ベースとなるブロックチェーンは不変だが、金融改革・シェア経済へ大きな変化を与え始めている。これらを総合的に研究している。

担当している代表科目の説明をお願いします

演習
45年間の企業経験(30年の銀行与信マン経験、15年の企業役員経験)を学生諸氏にいかに還元出来るか?この命題に応えるべく、「起業しよう」を合言葉に学生の「組織運営」や「企業経営」への理解を促している。
ゼミ授業(演習)では、書籍輪読で基礎知識を築き、「ビジネスコンテスト」への応募で、実学(事業計画書・資金計画書作成)にアプローチする。また、各自選択の研究テーマ(GAFA・自動運転・2025大阪万博 等)を2年間追求し、総合的に卒業論文完成に結びつけている。

ページトップ