対象者別メニュー

About Nara UNIVERSITY

大学案内

教員紹介

片 雪蘭 講師・博士(人間科学)

社会学部

PYEON Seollan 片 雪蘭 講師・博士(人間科学)

  • 専門

    文化人類学、難民研究、地域研究

  • こだわり

    nothing is permanent.

  • 趣味・特技

    旅行

  • オススメの書籍

    小川さやか『「その日暮らし」の人類学:もう一つの資本主義経済』(光文社)

主な担当科目

学部 文化人類学、身体と文化の継承、世界の民族誌、質的分析法、演習

経歴

2008年
  • 韓国中央大学 歴史学科卒業
2019年
  • 大阪大学大学院人間科学研究科人間科学専攻修了 博士号取得
2019年~
  • 国立民族学博物館外来研究員、関西学院大学先端社会研究所専任研究員を経て
2022年
  • 本学着任

主な著書・論文

著書
  • 『不確実な世界に生きる難民 : 北インド・ダラムサラにおけるチベット難民の仲間関係と生計戦略の民族誌』(単著、大阪大学出版会、2020年)
論文
  • 「『場所』と『非場所』のはざまに生きる:北インド・ダラムサラにおけるチベット難民『サンジョル』を事例に」(『南方文化』第45号、19-42、2019年)
  • 「チベット難民の生計戦略にまつわる葛藤:北インド・ダラムサラにおける『シチャ(定着民)』と『サンジョル(新しく来た者)』の比較分析から」(『難民研究ジャーナル』第7号、142-155、2017年)

現在の研究テーマについて教えてください

インドにおけるチベット難民の不確実性と移動に関する研究
私たちが生きるこの社会は、いろいろな人々が共存しています。難民もその一部です。私はこれまで、北インド・ダラムサラに住むチベット難民たちと共に生活しながら、「人が不確実な世界に生きることはいかなることか」について研究してきました。現在は特に、難民の人々はなぜ国境を跨ぐ移動が難しいのか、移動する時にはどのような書類が必要となってくるのか、また、どれほどの時間を待たされているのかに注目することによって、書類や時間という側面から難民と国民の違いについて分析を行っています。

担当している代表科目の説明をお願いします

文化人類学
文化人類学とは、自分の文化を相対化することを学ぶ学問です。この授業では、日本を含む世界各地の事例を学ぶことで、これまで「当たり前」だと思っていたことが、実は「当たり前」ではないことを確認することを試みます。食、ジェンダー、観光、儀礼など、さまざまなテーマから世界の生活や文化的な実践について学んでいきます。

身体と文化の継承
身体とは、ごく個人的なもの、生まれながら与えられるものだと考えられがちですが、文化的に形成されるものです。この授業では、さまざまな文化のなかで身体がどのように動いているのか、また、どのように解釈され、表現されるのかを考えていきます。

ページトップ