対象者別メニュー

About Nara UNIVERSITY

大学案内

教員紹介

中原 洪二郎 教授

社会学部

NAKAHARA Kojiro 中原 洪二郎 教授

  • 専門

    社会心理学、社会意識論

  • こだわり

    名実一体

  • 趣味・特技

    旅行、料理、写真

  • オススメ書籍

    ダクラス・R・ホフスタッター 著、竹内郁雄・片桐恭弘・斉藤康己 訳『メタマジック・ゲーム~科学と芸術のジグソーパズル』

主な担当科目

学部 国際社会学、社会体験実習など
大学院 統計解析法特論、心理統計法特論、質的調査法特論

経歴

1992年
  • 東北大学文学部社会学科社会学専攻行動科学専攻分野 卒業
1996年
  • 東北大学大学院文学研究科社会学専攻行動科学専攻分野博士課程後期3年の課程 中退
 
  • 東京大学大学院人文社会系研究科助手、ミシガン大学社会調査研究所客員教授、信州大学人文学部助手を経て
2005年
  • 本学着任

主な著書・論文

著書
  • 『社会の見方、測り方~計量社会学への招待』(共著、勁草書房、2006年)
論文
  • 「論考: 年と農山漁村の文化的ハイブリッドによるコミュニティ再生」(『奈良大学紀要』第42号、2014年)
  • 「斑鳩町における徒歩生活圏の再構築に関する調査研究」(『奈良大学紀要』第41号、2013年)
  • 「地域経営技法としての地域ブランド戦略と大学・地域連携の可能性」(『総合研究所所報』第16号、2008年)

現在の研究テーマについて教えてください

「まちづくり」におけるリーダーシップの存在が、どのように関係しているのか
「まちづくり」や「地域活性化」という言葉を耳にすることが多くなりました。しかし、誰が、どこで、何をすれば「まちをつくった」ことになり、誰が、どこで、何をすれば地域の何を「活性化」したことになるのでしょうか。私は特に「まちづくり」にこだわらない、さまざまな地域活動への住民参加のあり方が、結果としてその「まち」の地域的価値にどのような影響を与えているのか、そして、その影響が地域的価値の向上をもたらすものであるとしたら、いわゆる「まちづくり」におけるリーダーシップの存在が、どのように関係しているのかを研究しています。

担当している代表科目の説明をお願いします

国際社会学
国際社会学は、国と国との関係について学ぶ講義ではありません。国、企業やNGOなどの組織やもっとゆるやかな人々の集まり、そして個人が「世界」の中でどのように関わり合い、どのように影響し合っているのかを読み解くための講義科目です。人間の歴史の中で、一人ひとりが世界とどう向き合ってきたかについて学び、考えます。

社会体験実習
社会体験実習は総合社会学科の2年生が必ず履修する実習科目です。学外のいろいろな団体、例えばケーブルテレビ局であるとか、印刷会社であるとか、社会福祉法人であるとか、商店街であるとか、そういった団体と一緒になって、それぞれの団体が向き合っている問題や課題に、協力して取り組んでいきます。

ページトップ