対象者別メニュー

About Nara UNIVERSITY

大学案内

理事長メッセージ

学園の安定と存続を目指して

学校法人奈良大学の始まりは大正14年(1925)、創設者薮内敬治郎先生が向学の精神に燃えながらも経済的に恵まれず進学できない青年たちに、私財を投じて南都正強中学(夜間5年制)を創立されたことに遡ります。最初の入学生は49名、最年長は38歳、平均18歳、職業は農業、吏員、巡査、軍人、看守など様々でした。生徒は無月謝、無遅刻、無欠席で通学し、先生方は無報酬で教壇に立ち、生徒たちに直接向き合い指導されたと伝えます。

創設者は教育への高い理想と青年への深い愛情をもち、建学の精神は「努力すること」の大切さと「正しきに強い人であること」を力説されました。この建学の精神のもと、人間形成と、一人ひとりの学生(生徒、園児)に向き合う教育はいまに継承されています。

爾来、時代や社会の大きな変遷があり、あるいは学園が安定を損なうような試練をも克服しながら、幼稚園や大学の設置など含めて教育の充実に努力してまいりました。奈良大学は長い歴史と豊かな自然に恵まれる古都奈良に立地し、教育・研究に最適の環境にあります。

奈良大学は昭和44年(1969)に設置し、現在、通学部の文学部に国文学・史学・地理学・文化財学の4学科、社会学部に心理学・総合社会学の2学科、通信教育部の文学部文化財歴史学科、大学院は文学研究科に国文学・文化財史料学・地理学の3専攻、社会学研究科に社会学専攻を擁し、建学の精神を体して確かな教育と研究を進めています。明年は大学創立50周年の慶事を迎えます。これを機に、学生諸氏のアクティブ・ラーニングに供する新棟建設を進めています。

奈良大学附属高等学校は旧制南都正強中学以来93年の歴史と伝統を誇ります。豊かな人間性・確かな学力・健全と健康を養う教育を掲げて、人間形成と進学指導の徹底を期しています。奈良大学附属幼稚園は51年の歴史を踏まえて、個性と自主性を重んじ、健康で創造性豊かな子どもの育成を目指しています。コアラ教室(預かり保育)、さくらんぼ・ひよこ・つくし教室(それぞれ未就園児保育)を併設して好評であります。

少子高齢化が進行し、大学進学年齢の18歳人口激減が顕著となっています。平成4年(1992)に205万人であったのが26年度の平成18年(2018)には87万人減じて118万人となり、13年後(2031)には遂に100万人を下回って99万人に減じます。その9年後(2040)には88万人へ激減すると予測されています。大学は学生定員を維持するのが困難となり、経営悪化から破綻に向かうとの報道もあります。

こうした厳しい時代の中で、私たちは薮内敬治郎先生の高い教育理想と教育的愛情を継承して、大学をはじめとした学園の安定と存続を維持しなければなりません。それには建学の精神のもと、何よりも確かな教育と研究の充実が肝要であると信じます。私学に求められる財政基盤を確立し堅実な経営を目指す所存です。

皆さまのご理解とご支援をお願いいたします。

学校法人奈良大学 理事長
市川 良哉Yoshiya Ichikawa

ページトップ